はしご湯のすすめ秋田県の温泉


小安峡温泉 秋仙 小安峡温泉 秋仙

湯沢市皆瀬字小湯ノ上20-5
TEL(0183)47-5800
立寄り時間要問合せ/500円

訪問:11年9月

小安新3号、4号混合泉/ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉/85.9℃ pH=? 溶存物質=1033mg Li=0.5mg Na=223.3 K=25.5 Ca=20.3 Al=0.1 F=3.4 Cl=258.3 Br=0.5 I=0.3 OH=7.4 S2O3=0.4 SO4=152.2 CO3=11.5 H2SiO3=321.4 HBO2=7.3 HAsO2=0.7 (H18.10.27)/※全ての項目で該当無し


小安峡にある温泉宿です。栗駒登山後の汗流しに立ち寄ってみました。三角屋根が特徴のキレイな印象を受ける建物外観です。訪問したのは連休中でしたが、宿泊客がチェックインする前の静かな時間帯。入浴施設としては館内に内湯があり、お宿の道路向かいには立ち寄りでも利用可な貸切可の露天風呂があります。

内湯は石板張り3人でゆったりサイズの浴槽が一つあります。御影石湯口から63.1℃の源泉を壁に伝わせて冷却しながらの少量投入があります。鼻を近づけると焦げタマゴ臭が香ばしいです。浴槽湯は無色透明、弱温泉臭。弱つるつる浴感に保湿しっとり感があります。ただし浴室内が軽いサウナ状態なので、湯上り後は温泉効果も加わりヘトヘトモードになるので注意です。湯使いは小細工なしの源泉そのまんまの掛け流し。

せっかくなので別棟の露天風呂も利用してみました。屋根掛けされた露天岩風呂といった感じの豪華な造りです。5人サイズの浴槽と、1人用の1.2mも深さがある珍しい立ち湯もあります。露天空間にカルキ臭が漂っているのは清掃時の薬剤の影響か?湯は内湯同様のものですが、鮮度面に関しては内湯に軍配が上がりました。涼しい外気に触れながらの貸切入浴は嬉しいですね。
(11年9月)

(三昧)


山に囲まれた静かな温泉地「小安峡」の温泉宿です。どこに立寄りしようか迷いつつ車を走らせると、まだ新しい印象の外観が目にとまりコチラに決定。立寄りを伺うと快くOK。浴室は館内に男女別内湯、道路を挟んだ反対側の湯小屋に貸切利用できる露天風呂がひとつありました。

先ずは館内の内湯へ。女性側はほぼ台形の3人サイズ浴槽がひとつあり、ホンワカとタマゴ臭漂う熱い源泉をチョロチョロ投入の掛け流し利用。無色透明な湯中には、薄黄土色をした綿や糸のような湯花が舞い、ややこなれたトロミとツルツル感があります。チョロチョロ投入ながら訪問時はまだ利用者も少ないようで、鮮度はまずまずでした。

続いて道路反対側にある露天風呂へ。こちらはグループごとに貸切利用できる様子。素朴な木造湯小屋の脱衣場を抜けると、5人サイズの横長浴槽がひとつあり、その横には1人サイズの肩までの深さの立ち湯もあります。目の前に広がる森林を眺められる露天風呂で、紅葉や雪景色の時期は良さそう。内湯同様、湯口でタマゴ臭の香る無色透明湯が掛け流し利用されているのですが、コチラは塩素臭が強めでした。
(11年9月)

(まぐぞー)



男性内湯


男性内湯


男性内湯



女性内湯


女性内湯


女性内湯



露天風呂


露天風呂


露天風呂湯口


はしご湯のすすめ秋田県の温泉