はしご湯のすすめ山形県の温泉


湯田川温泉 ますや旅館 湯田川温泉 ますや旅館

鶴岡市湯田川乙63番地
TEL(0235)35-3211
立寄り時間要問合せ/400円

訪問:11年8月

湯田川1号源泉/ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉/42.6℃ pH=8.4 溶存物質計=1287mg Li=0.1 Na=224.1 K=3.6 Mg=0.2 Ca=176.3 F=2.3 Cl=56.4 Br=0.3 SO4=737.7 HPO4=0.1 HCO3=31.5 CO3=0.6 H2SiO3=52.6 HBO2=1.3 CO2=0.2 (H15.11.17)/※深夜4時間のみ塩素系薬剤注入あり


温泉街に軒を並べる温泉旅館の一つ「ますや旅館」。立ち寄りをお願いし受付後、浴室へ案内を受ける。

浴室には2-3人サイズの小さめタイル浴槽が一つある。露天風呂などはない。浴槽底部には座り石が数個ほど設置されている。湯口の竹筒から42.3℃の源泉を12L/minほど浴槽投入がある。よって浴槽前面部分よりオーバーフローする仕組みになっている。湯は無色透明、温泉臭香る41.2℃で夏場には好都合である。30分ほどの湯浴みだったが浴後は非常に眠たくなってしまった。湯は素晴らしく満足できるのだが、季節柄のせいで脱衣所と浴室内の熱気ムレムレには参った。
(11年8月)

(三昧)


静かな湯田川温泉に並ぶお宿の一軒「ますや旅館」です。今回、立寄りで訪問しました。こぢんまりとしたお宿で、館内には男女別浴室と貸切風呂があるようです。今回案内された男女別浴室は玄関を入ってすぐの所にあります。

女性浴室はとてもこぢんまりとした造りで、2人サイズのタイル浴槽がひとつ。浴槽縁には仄かな灯りの照明が置かれ、どこか温もりある雰囲気を醸し出しています。竹筒湯口より流し込まれる無色透明の源泉は、ジャンジャン溢れ出しタイプではないものの、浴槽サイズに見合った投入量があり「ぬるくなく熱くなく」の程よい適温となっています。湯面からは心地よい温泉臭が香り、しばらく入る人がいなかったのか鮮度良好の掛け流し。唯一の難点は、季節柄か浴室内の湿度ごもりが強く、ちょっとしたサウナ状態だった事。良い湯に後ろ髪ひかれつつ、夏場の湿度に負けての撤収となりました。
(11年8月)

(まぐぞー)



男性浴室


男性浴槽


男性湯口



女性浴室


女性浴槽


ますやの建つ温泉街


はしご湯のすすめ山形県の温泉