はしご湯のすすめ秋田県の温泉


湯の台温泉 鶴泉荘 湯の台温泉 鶴泉荘

にかほ市象潟町横岡字目貫谷地1
TEL(0184)44-2145
10時〜21時(季節により変動あり)/300円
第4月曜(祝日は翌日)、12月31日、1月1日休み

訪問:11年8月

湯の台温泉/単純硫黄泉(硫化水素型)/12.5℃ pH=6.1 溶存物質計=720.2mg Na=28.3mg K=6.2 Mg=35.9 Ca=93.2 Mn=3.8 F=0.2 Cl=21.8 HS=1.2 S2O3=0.1 SO4=399.4 HCO3=48.0 H2SiO3=71.5 HBO2=9.7 CO2=55.6 H2S=10.8 (H17.6.22)/※加温あり、循環ろ過あり、塩素系薬剤使用あり


鳥海山ろくにある温泉旅館です。立ち寄りもokです。明治から大正時代には「鶴泉館」という湯治場があり、結構な賑わいで繁盛していたそう。夕方の訪問で館内は賑わい中、それを横目に浴室へ直行する。

正面方向ガラス張りで屋外にはちょっとした周囲への目隠しが設置されています。浴槽は角タイル張りの長方形、広さは8人サイズです。湯口には湯華除去の為?の袋が取り付けられています。浴槽底には強力な吸い込み穴が二つほどあり。湯は無色透明、強カルキ臭、ちょいとろみ感のもの。なんてことない湯使いですが、浴後の火照り具合は凄く汗が引かず参った。源泉の素性はとても良さそうなので一度はお目にかかりたい。
(11年8月)

(三昧)


象潟の海沿いから鳥海山山頂方面への、なだらかな坂の途中にあるお宿です。気兼ねのいらない庶民的な温泉宿といった雰囲気で、訪問時は夕方近くとあってか、鳥海山絡みの宿泊客や立寄り客で賑わっていました。

館内には男女別に内湯がひとつづつ。スッキリとしたタイル張りの浴室には8人サイズの長方形浴槽がひとつあります。浴槽には湯花ネットの取り付けられた湯口がありますが、湯使いは循環利用。適温調整の無色透明湯は塩素臭が強めで苦手なタイプですが、浸かった途端なんとも言えぬホッと感があります。窓の外を見ると季節柄かツバメがいっぱい。ツバメの飛行を眺めながらの入浴となりました。循環ながら浴後の火照り持続が強く、その辺はさすが温泉だと思います。
(11年8月)

(まぐぞー)



玄関


男性浴槽


湯口


はしご湯のすすめ秋田県の温泉