はしご湯のすすめ福島県の温泉


ラビスパ裏磐梯 ラビスパ裏磐梯

耶麻郡北塩原村大字大塩字桜峠8664-5
TEL(0241)33-2200
10時〜19時30分/500円/火曜日休み
(7月第1土曜〜8月最終日曜は20時まで営業/700円/無休)
各30分前まで受付

訪問:11年10月

桜峠温泉/ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉/57.9℃ 130L/min(動力) pH=7.8 溶存物質計=1394mg Na=398.5mg(81.59mv%) K=11.5 Mg=7.4 Ca=21.1 Sr=0.6 Ba=0.1 Al=13.8 Mn=0.4 Fe2=11.4 F=1.4 Cl=442.0(59.13) Br=1.5 SO4=190.4 HCO3=278.7(21.67) H2SiO3=13.7 HBO2=1.6 CO2=6.0 (H18.3.28)/※温泉利用状況の掲示見当たらず


公共の日帰り温泉施設ラビスパ裏磐梯。「温泉健康増進施設」との扱いでもあるらしい。入浴施設以外にも食堂やら休憩所、夏季はプールも稼動する。施設建物や館内などは公共施設なのでそれなりに豪華系!?

内湯は四角形15人サイズの角タイル張り浴槽。石造り湯口より50L/minオーバーの湯が浴槽へ落とし込まれている。但しこれは循環湯と思われる。浴槽を満たしているお湯は無色透明、微カルキ臭がするものである。特に特徴は無いがちょいキシキシ感で浴後はサラサラするお湯である。浴槽湯は41.5℃に調整されていた。清潔に管理されている感を思わせる浴場だ。

露天風呂もある。屋根無し庭園風露天岩風呂がそれである。岩組み湯口より大量にドバドバと吐き出しがあるがどうみても完全循環でしょう。当日は外気温低めだったので浴槽湯温40℃ほどの温め。湯は内湯と同様のもので特にどうってことはない。屋外にあるので周囲の景色を眺めての湯浴みは楽しめる。
(11年10月)

(三昧)


雄国沼湿原や桧原湖のほど近くに位置する大型観光リゾートホテルです。今回立寄ったのは温泉浴室ですが、どちらかというと併設のプールの方がメインみたいです。訪問時のロビーは日帰り入浴者と思われる人々で賑わっていたのですが、丁度入れ違いだったらしく、浴室内は終始貸切状態でした。

脱衣所を抜けると先ずは内湯があります。10人サイズの長方形タイル浴槽がひとつあり、無色透明の湯が満たされています。湯口からは「ぬるめ」の湯が投入され、浴槽内で適温。循環利用ですがカルキ臭は目立ちません。

続く露天風呂は10人サイズの岩風呂で、こちらも内湯同様の無色透明湯が循環利用され、浴槽内でぬるめ寄りの適温。こちらはややカルキ臭が目立ちます。庭園風の露天風呂で、上を見上げると青空が広がり気持ちよい風が吹き込みます。

湯使い的にはアレですが、浴後はサッパリサラサラ感の残る湯で、シャワーなどの使い勝手も良いし、トレッキングの後の汗流しにもいいと思いました。
(11年10月)

(まぐぞー)



ラビスパ入口


男性内湯


湯口



男性露天風呂


湯口


女性内湯



女性内湯浴槽


女性露天風呂


湯口


はしご湯のすすめ福島県の温泉