はしご湯のすすめ山形県の温泉


白布温泉 白布 森の舘 白布温泉 白布 森の舘

米沢市大字関白布温泉
TEL(0238)55-2118
9時〜18時(5月〜10月)
9時30分〜18時(11月〜4月)
395円/水曜休み(祝日の場合は翌日)

訪問:11年5月

白布第1号・白布第2号・白布第3号源泉/カルシウム-硫酸塩泉(分湯枡での分析)/56.8℃ pH=7.8 溶存物質計=1244mg Na=52.3mg K=5.7 Mg=1.6 Ca=287.1 Mn=0.5 F=0.4 Cl=7.4 HS=0.8 SO4=692.1 HCO3=89.1 CO3=0.4 H2SiO3=106.0 HBO2=0.4 CO2=2.4 H2S=0.1 (H17.8.31)/※気温の低い期間と混雑時のみ加温・加水あり


米沢市森林体験交流センター「白布 森の舘」内にある温泉施設。周辺地域の登山、森林浴の拠点という位置づけの施設でもある。入浴施設としては男女別内湯がそれぞれに一つずつある。湯上り後の休憩場所として大広間でゆったりも出来ます。

浴室はガラス張りで外から見えないように目隠しシールが貼られています。ほぼ三角形をした浴槽は石板造りで8人サイズの広さがあります。浴槽を満たす湯は無色透明、つるつるとした肌触り感があります。溶きタマゴ状態の多めの湯華が湯中を動き回ります。浴槽奥手にある湯口では焦げタマゴ臭、投入湯温は57.3℃、浴槽では44.2℃と熱めの鮮度はまずまず。湯に浸かった時の溢れ出しが心地良くて何回か楽しんでしまった。
(11年5月)

(三昧)


白布温泉街にある「白布 森の舘」の浴場を立寄り利用してみました。木材を多用したぬくもりある館内には、男女別内湯がひとつづつあります。

女性浴室には石板ばりの7〜8人サイズ三角形浴槽がひとつあります。湯口より無色透明な激熱源泉を投入、浴槽内で熱め、湯の中には白い溶き卵&粉状湯花がたくさん沈殿し、サラサラと小波のように掛け流されています。湯汚れ無しの鮮度良好で、湯面から心地よい石膏臭が漂い、ツルツルとした肌触りがします。好みの熱さといい、なんとも気持ちの良い湯で、何度も浸かっては出てを繰り返してしまいました。

浴室はシンプルだし、露天風呂もありませんが、なによりここは湯が良いです。浴後は休憩室でノンビリと寛がせていただきました。
(11年5月)

(まぐぞー)



入口


館内


農業大切!



鳥獣の剥製


ヤマセミの剥製


味のある彫り物



男性浴室


湯口


白湯花



女性浴室


溢れ出し


洗い場


はしご湯のすすめ山形県の温泉