はしご湯のすすめ山形県の温泉


五色温泉 宗川旅館 五色温泉 宗川旅館

米沢市板谷498
TEL(0238)34-2511
10時30分〜15時30分/500円

訪問:11年5月

5号源泉/ナトリウム・カルシウム-炭酸水素・塩化物泉/45.9℃ pH=6.4 溶存物質計=1064mg Li=0.7mg Na=208.5 K=29.9 Mg=3.1 Ca=76.4 Mn=0.6 Fe2=0.5 F=1.2 Cl=165.5 Br=0.3 I=0.3 SO4=47.8 HCO3=402.7 H2SiO3=80.4 HBO2=45.8 CO2=268.9 (H16.7.2)/※温い時は加温あり


この地域の所謂「秘湯」と呼ばれる温泉宿の一つ。今まで未湯だったがようやく訪問機会に恵まれて立ち寄る。ココまでのアクセスは山道を進み行き、お宿手前の急傾斜面を登りきったところが辛抱どころ。当宿は立ち寄りでは露天風呂のみ可能で、内湯は利用不可となっています。

受付後、渡り廊下を進み男女別の露天風呂へ向かいます。露天風呂浴舎は全てが木造りで暖かみを覚えます。肝心の浴室は、屋根がけされており半露天風呂といった印象です。4人サイズの浴槽も木造りで浴槽底はモルタル?のような肌触り。湯は無色透明、弱とろみ感ある重曹泉。薄塩味、ちょいつるスベ浴感がある。浴槽湯温42.5℃、浴後は長湯と若干の塩分の影響でか結構な温まり具合であった。立寄りでは入浴不可の内湯が気になるところです。

訪問時は近くで熊撃ちをするとの事で、蛍光オレンジ色のベストを着用したハンターのオジサンが集結されていました。宿の柴犬は気配を察知したのかアチコチと移動していて興奮気味。ただし縄張りは100mのようでそれより先には行けないようである。
(11年5月)

(三昧)


米沢の山の中にある一軒宿。米沢十湯のひとつでもあります。山道をクネクネ進むと現れる御宿は、宿泊棟と露天風呂棟とにわかれていて、立寄りでは露天風呂のみ利用可でした。

露天風呂棟は、昔の木造校舎を思わせるような細長い廊下が印象的で、その廊下沿いに男女別浴室があります。ちなみに露天風呂と称していますが、屋根や壁にしっかりと囲われていて「やや開放的な内湯」といった方が合っているかな?

女性浴室には4〜5人サイズの四角い浴槽がひとつあり、熱めの源泉が投入され、浴槽内で熱め寄りの適温となっていました。綺麗に澄んだ無色透明湯は心地よい温泉臭が漂い、スベスベとした肌触りがします。外から冷たい山の風が吹き込み、気持ちよい湯浴みです。ちなみにこの女性浴室は木の目隠し壁があり、浴槽に浸かってしまうと、いまいち外の景色が見えにくかったのが少々残念。

御宿のホームページを拝見すると、この男女別とは別に混浴露天風呂もあったようですが、立寄り可能だったかは不明です。
(11年5月)

(まぐぞー)



御宿玄関


御宿のわんこ


露天風呂棟の廊下



男性露天風呂
女性側もほぼ同じ造り


湯口


浴舎の天井


はしご湯のすすめ山形県の温泉