はしご湯のすすめ栃木県の温泉


川俣温泉 ふくよ館 川俣温泉 ふくよ館

日光市川俣584
TEL(0288)96-0126
立寄り時間要問合せ/500円

訪問:10年11月

■川俣温泉栗山村有源泉/ナトリウム-塩化物泉
■薬師夢想乃湯/単純温泉[(2005の台帳によると含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素型)]

→詳しい成分内容はページの下


川俣温泉に訪れたのは紅葉も終わってしまった観光客も疎らな時期。川俣の通り沿いに位置する温泉宿「ふくよ館」に立ち寄りしてみる。表通りから見える建物外観は二階建てでフロントが一階、そこから川底へ向かうと浴室などがある造り。

浴室へはフロントからエレベーターで階下へ。廊下を進んでいくとまず内湯がある。更に135段の階段を川岸の方に下って行くと露天風呂もある。廊下通路の壁、露天風呂への下り階段脇の壁には各テレビ局の旅番組やらで訪れた著名人のサインやらコメントがぎっしりと掲示されている。

まずは露天風呂へ向かった。訪問した時間帯は混浴時間帯、夜間と翌朝の数時間は女性専用タイムに設定されている。川沿いにある15人サイズの露天風呂はとても開放感がある造り。中央には大岩があり、浴槽数箇所には腰掛け石が設けられている。浴槽端から74℃の湯を投入、湯口周辺は黄白い析出物がビッチリ付着している。湯は無色透明、タマゴ臭に弱石膏臭がする。浴槽43.1℃、つるつる浴感あるタマゴ湯といった感じ。オーバーフロー湯は浴槽の川寄り切れ目より流れ出ている。

更に露天風呂の内湯的な位置付けのような岩風呂もある。天然岩の横にコンクリで造られた4−5人浴槽がそれだ。ネットの取り付けされた塩ビ湯口より露天と同じ70℃超えの源泉を少量投入。浴槽サイズにしては投入量が少なく湯なまり発生していた。湯は微白濁り、生くさいタマゴ臭。湯華も発生している42℃。

露天を満喫後、下ってきた階段を逆に上っていき内湯へ向かう。内湯は男女別のガラス張りで明るい浴室。6−7人サイズの石板張り長方形浴槽が一つある。塩ビ湯口より66.7℃の湯を8L/min投入。暫くは入浴客がいなかったせいか、浴槽湯46℃オーバーで熱い。仕方無く若干加水して湯浴み。浴槽端の切り込みがオーバーフロー湯の通り道で、ココはクリーム色系の析出物でコッテリ状態になっている。湯は薄濁り、土類臭味感じるキシキシ湯。
(10年11月)

(三昧)


自然豊かな鬼怒川に沿ってたつ観光旅館です。同じ鬼怒川でも、鬼怒川温泉と比べると「随分山奥に来たな〜」という印象。受付で料金を支払うと、先ずはエレベーターで階下へ移動、そこから長い階段を下ります。鬼怒川の川面近くまで下る階段は、先へ行くほど細く急になっている感じがします。

鄙びた脱衣スペースへ着くと、先ずはすぐ横の混浴内湯へ。自然の大岩肌を利用した壁の迫る四角い4〜5人サイズ浴槽がひとつあり、無色透明の激熱源泉を少量投入しています。これから入る混浴露天風呂と同源泉と思いますが、適温に冷まされた湯は鮮度不良で湯なまり発生。あまり気持ちの良い部類ではないので早々に撤収しました。

続いて鬼怒川沿いにある開放感溢れる混浴露天風呂へ。15人サイズの露天風呂は、激熱源泉が2本投入され、浴槽内でやや熱め。無色透明の湯は先ほどの内湯と比べ圧倒的に鮮度よく、タマゴ石膏臭が香り、口に含むとほんのりタマゴ味がします。つるスベと弱キシが混在する肌触りで、なにしろ周囲の景色が良く、いつまでも浸かっていたい露天風呂でした。

館内には男女別の内湯もありました。こちらには3〜4人サイズの長方形浴槽がひとつあり、先ほどの混浴露天風呂とは別モノと思われる、いかにも「土類です!」といった笹濁りの湯が満たされています。激熱源泉をチョロチョロ投入、浴槽内で熱め(男湯ほどの熱さではなかった)、見ての通りのキシキシ感に加え、不思議なスベ感のある湯でした。ちなみにこの浴槽の湯使いは不明。
(10年11月)

(まぐぞー)



ふくよ館玄関


露天風呂へ続く
長ーーい階段


露天風呂併設の
内風呂



川沿いの露天風呂


露天風呂


自然豊かな環境



露天風呂
別の角度から


露天風呂 湯口


源泉井



館内の男性浴室


湯口


お湯



溢れ出し
析出物が見られます


館内の女性内湯


浴槽

■川俣温泉栗山村有源泉/ナトリウム-塩化物泉/73.7℃ pH=6.6 溶存物質計=1906mg Na=520.0mg K=32.5 Ca=43.6 Mg=8.2 Mn=0.3 F=4.6 Cl=720.9 HS=0.5 SO4=72.9 HCO3=275.5 H2SiO3=163.8 HBO2=63.1 CO2=116.1 H2S=1.4 (H13.7.5)/※温泉利用状況掲示無し
■薬師夢想乃湯/単純温泉[(2005の台帳によると含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素型)] 47.8℃ pH=6.8 12.9L/min 成分総計=871.7mg K=7.8mg Na=186.8 Ca=45.7 Mg=0.8 Fe2=0.4 Mn=0.1 Al=0.2 Cl=243.3 SO4=53.5 H2PO4=0.3 HPO4=0.3 HCO3=163.7 HSiO3=0.1 H2SiO3=104.9 CO2=63.0(S49.3.7)/※温泉利用状況掲示無し


はしご湯のすすめ栃木県の温泉