はしご湯のすすめ群馬県の温泉


浜平温泉 しおじの湯 浜平温泉 しおじの湯

多野郡上野村大字楢原3487-2
TEL(0274)59-3955
10時〜18時(季節変動あり)/500円

訪問:10年10月

湯ノ沢の湯、浜平の湯/泉質なし(メタけい酸の項目で温泉法の温泉に該当する)/11.6℃ pH=4.1 成分総計=0.52g Na=14.6mg K=0.6 Mg=17.3 Ca=40.6 Fe2=6.2 Mn=0.5 Al=9.4 F=0.3 Cl=1.7 SO4=257 HSO4=0.7 H2SiO3=92.9 HBO2=0.4 CO2=76.5 (H16.8.5)


上野村の日帰り温泉センターです。施設がオープンしたのは知ってはいましたが、場所的に訪問機会に恵まれずようやく今回はれての訪問です。施設内は浴室・個室休憩所・物販コーナーなどがあり、大広間で軽食も可能です。

入浴施設は男女とも内湯の他に露天風呂があります。ガラス窓浴室に石板張り10人サイズほどの浴槽が内湯です。浴槽湯41.5℃に調整された湯は無色透明のもの。若干硬い感じの湯でギシギシと引っかかります。薄い温泉臭香る、ほぼ完全循環という湯使いです。

6−7人サイズの露天岩風呂は湯に浸かっていると近くの川の流れが聞こえてきます。浴槽温度42℃、浴槽内はジェットバス作動あり。多少の溢れ出しがある程度の半循環でしょう・・多分。湯は内湯同様で特にどうこうは無し。

今回のお目当ては浜平鉱泉を単独利用しているという「檜浴槽」。だったのですが「しばらくの間、檜風呂は休止いたします」と案内がありました。どうやら源泉所有者との諸事情により源泉の使用が出来なくなっている、との事(施設関係者の話)。今後は分かりませんが、現在では名物の湯はありません。
(10年10月)

(三昧)


随分と山奥の印象がある上野村に2006年春オープンした日帰り温泉施設です。なかなか立派な建てがまえで館内には浴場の他に食事処や目の前の川を望む休憩スペースがあります。

男女別浴場にはそれぞれ内湯と露天風呂があります。脱衣所を抜けると先ずは内湯ですが、木材と石板をふんだんに使用した雰囲気いい浴室に10人弱サイズの長方形浴槽がひとつ。適温に調整された無色透明湯が循環利用されています。この湯がキシムような引っかかり感があり、何ともいえぬ漢方薬のような独特の香り漂うモノで、循環ながら悪い印象はありません。

露天風呂は5〜6人サイズの岩風呂で、湯は内湯と同様。周囲の静かな環境もあり、湯と川の流れる音だけが聞こえていました。

露天スペースには1人用の木箱浴槽があり、ここに「浜平鉱泉」から引き湯した湯が満たされているハズでしたが・・訪問時は既に引き湯もなく、寂しく蓋がされていました。残念ながら浜平鉱泉には浸かれなくなっていましたが、それ抜きにも、使い勝手・雰囲気の良さで一般客向けでストレスなく利用できる施設と思いました。
(10年10月)

(まぐぞー)



玄関


男性内湯


内湯湯口



男性露天風呂


休止中の桧風呂


食事処で食べた蕎麦


はしご湯のすすめ群馬県の温泉