はしご湯のすすめ群馬県の温泉


ホテルグリーンプラザ軽井沢 ホテルグリーンプラザ軽井沢

吾妻郡嬬恋村大前細原2277
TEL(0279)86-4111
12時〜23時/1200円

訪問:10年7月

奥軽井沢温泉 あさまの湯/ナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉/72.9℃ pH=7.3 257L/min(動力) 溶存物質計=3.87g Na=926mg(82.52mv%) K=185 Mg=9.9 Ca=56.7 Fe2=4.0 Mn=0.2 F=0.5 Cl=561(31.37) SO4=1124(46.41) HCO3=680(22.10) CO3=1.0 H2SiO3=288 HBO2=37.8 CO2=40.4 (H15.3.20)/※井戸水を加水している


北欧調の建物が印象的なホテル。浅間山麓にある軽井沢ブランドを利用、ホテルのみならずレジャー施設を併せ持つ大型複合リゾートです。学生時代に研修で宿泊したことがありましたが、当時は温泉では無かったような気もしますが詳細は不明。現在では自家源泉を利用しているのは事実。

内湯は三角形に近いタイル張りで20人サイズの広さがあります。薄黄色透明、鉱物石油臭、心地よいすべすべ浴感が目立ちます。なんと意外にも加水ながらオーバーフローある掛け流しです。

露天風呂もあります。ジャグジー浴槽は非温泉なのでパス。岩風呂は屋根掛けされた10数人サイズのもの。一番のお気に入りは桧浴槽です。6人サイズの正方形で鮮度が抜群なのです。44℃に調整された湯は鉱物石油臭が華を突いてきて相当なものです。オーバーフローも相当量ありこれは温泉好きにはたまらないでしょう。他にも人工の洞窟風呂なるものがあります。浅間山を見立てたのかお山の湯口から湯が浴槽へ流れ込んでいます。湯はすべすべの気持ちがいい状態。なにはともあれ桧浴槽がオススメです。
(10年7月)

(三昧)


嬬恋村にある洋風の超大型リゾート施設で、敷地内にはテニスコートや子供向けの遊園施設が併設され、訪問時はファミリーを中心に大勢の行楽客で賑わっていました。大浴場の受付周りも大混雑で、人を掻き分けながらやっと女性浴場に辿りつくありさま。「受付周りがあんなに混んでいるんだから、さぞや浴場も・・」と思いきや、中は拍子抜けする程に人が疎ら。受付にいた大勢の人達は一体??

その大浴場ですが、脱衣所を抜けると先ずは内湯で、20人サイズの略台形タイル浴槽がひとつ。続く露天風呂は10人サイズの岩風呂、6〜7人サイズの四角い桧風呂(桧の香りが強い)、バナナのように横に長い洞窟風呂、そして真湯のジャグジー槽が点在。いわゆる「日帰り温泉センター」的な構造です。

肝心の湯はほんのり黄色がかったスベスベで、鉱物石油臭な匂いが印象的。加水による温度調整をされ、浴槽によって適温〜やや熱めといった具合。加水ながらまずまずの良い印象ですが、欲を言えば源泉そのまんまにも浸かってみたいとこです。
(10年7月)

(まぐぞー)



男性内湯


内湯浴槽


男性露天風呂



露天岩風呂


露天桧風呂


洞窟風呂


はしご湯のすすめ群馬県の温泉