はしご湯のすすめ群馬県の温泉


四万温泉 唐沢屋旅館 四万温泉 唐沢屋旅館

吾妻郡中之条町四万4237
TEL(0279)64-2514
立寄り時間要問合せ/500円

訪問:10年7月

岩文の滝湯[6源泉の混合泉(橋下の湯・橋下の湯1・橋下の湯2・橋下の湯3・岩文乃湯・明治湯)]/ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉/46.2℃ pH=7.2 溶存物質計=1.48g Na=285mg(57.10mv%) K=34.2 Mg=1.4 Ca=166 Mn=0.3 F=0.5 Cl=421(56.28) SO4=418(41.23) HCO3=30.5 H2SiO3=93.4 HBO2=32.6 CO2=7.9 As=0.7 (H16.11.5)/※冬季期間は加温有り、上部と底部分の温度差均一の為の循環あり


新湯地区メイン通りにある温泉宿です。すぐ近くには四万温泉観光協会があります。二階建て横長の小規模旅館の印象を受けます。立ち寄り時は男湯を貸切で利用していい、とおっしゃるご主人。

浴槽は3−4人サイズの角タイル張りのもの。岩組み湯口には「源泉100% 飲めます」と表示されてコップも置かれてある。源泉は初めてお目にかかった「岩文の滝湯」という6源泉を混合した含石膏食塩泉。無色透明、温泉臭、ちょいキシキシの浴感がある。浴槽前面よりオーバーフローも少量あり。浴槽底部には吸い込み穴が作動中。源泉投入しながらの循環で、半循環の湯使い。
(10年7月)

(三昧)


四万温泉新湯地区にある、こぢんまりとした温泉旅館です。派手さの無い昔ながらの観光旅館といった佇まいです。立寄りに関してまったくわからず、今回飛び込みでの訪問だったのですが、快く迎え入れてくださいました。

館内には大小ふたつの内湯があり、大きい方を貸切利用してよいとの事。シンプルなタイル浴室に帆型の3人サイズタイル浴槽がひとつ。飲泉コップの置かれた石組みの湯口より、弱い塩味のする熱い源泉がチョロチョロ投入されています。浴槽の湯は熱めの無色透明で、浴槽内で吸い込みと吐き出し稼動の半循環。半循環とはいえ、人が浸かれば溢れ出し、良い温泉臭も楽しめます。弱トロミと肌への引っかかり感ある湯は四万ならではでした。
(10年7月)

(まぐぞー)



男性浴室


湯口


女性浴室


はしご湯のすすめ群馬県の温泉