はしご湯のすすめ青森県の温泉


月見野温泉 おらほの湯
月見野温泉 おらほの湯

つがる市森田町森田月見野290-1
TEL(0173)26-3394
6時〜21時/250円/(第1・第3月曜日休み)

訪問:03年8月、06年12月

月見野温泉/ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉/46℃ pH=? 溶存物質計=6073mg Na=1555mg K=125.2 NH4=0.4 Ca=35.6 Mn=0.2 Fe2=0.3 Li=0.2 F=0.7 Cl=866.8 Br=2.2 I=0.5 HPO4=1.5 HCO3=3.2 H2SiO3=208.2 HBO2=15.8 CO2=468.6 (H14.9.25)※加水あり、塩素系薬剤使用あり


森田温泉の次に寄ってみました。地図に温泉マークが載ってなかったのですが通りがけに「おらほの湯」と案内看板があったので偵察がてらいってみました。すっかり暗くなった頃の訪問です。外観は新しめの施設を思わせる建物です。

早速、浴室へ直行です。タイルばり浴室で中央にメインの大浴槽。端にこじんまりした家族風呂風の浴槽が2つ、水風呂、サウナと一通り揃ってます。メインの浴槽は3つに仕切られていて浴槽内の下部で繋がっていて、それぞれの温度を調整しているよう。訪問時は常に源泉が投入される熱い湯の浴槽にずっといました。湯温は44℃ほどで薄緑色透明、甘味、重曹味、微金気味でつるすべの浴感が気持ちがよいです。意外な所で掛け流しの良い湯を楽しめて最高でした。
(03年8月、06年12月)

(三昧)


たまたま通りがけに見つけたセンター系浴場です。最初は入るつもりはなかったのですが、受付の女性の「この辺は施設によって泉質が全部違うのよ」という言葉に、飛んで火に入る夏の虫のごとく、気が付いたら湯に浸かっていました。

女湯は、中央のメイン浴槽が三段の階段状になり、下へ行く程湯温が下がっています。ようは、一番上から湯を投入し、それが下へ下へと流れて行く方式なわけです。一番下の浴槽から更に洗い場に湯が溢れ出る場所ではオバチャンがトド化していました。湯は塩気のある薄黄緑がかった透明、ツルツル浴感があり、上段浴槽で熱め、中段で適温、下段でぬるめ、湯口ではいかにも「津軽」といった鉱物チックな臭いが漂います。ただチョット残念だったのが、一番上の浴槽に大量の柑橘果実が浮かべられ、その臭いが強く湯の臭いがいまいち「???」だった事。

メインの浴槽の他にも、熱湯、バイブラ、打たせの小浴槽があり、サウナも設置。料金も安く、かなり良心的な施設と思います。
(03年8月)

…………………

再訪しました。特に変わった事はないのですが、前回の「柑橘風呂」が今回は檜の木片が浮かぶ「檜風呂」になっていました。そして、またもやその臭いが強く、湯の臭いは薄れヒバ臭ムンムン。待合室にはテーブルに子供が自由に遊べる「昔のオモチャ」が置かれ、たくさんの駄菓子が売られていました。
(06年12月)

(まぐぞー)



男性メイン浴槽



メイン浴槽上段



メイン浴槽中段



メイン浴槽湯口



待合室



オモチャがありました



駄菓子も売られています


イベント豊富な施設です


自慢のお湯


はしご湯のすすめ青森県の温泉