はしご湯のすすめ青森県の温泉


せせらぎ温泉 せせらぎ温泉

弘前市大字原ヶ平字奥野5-5
TEL(0172)55-0777
5時〜23時/350円(朝風呂タイム250円)

訪問:10年5月

ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉/54.0℃ pH=6.9 228L/min(掘削自噴) 500L/min(動力) 溶存物質計=10.36g Li=1.6mg Na=3207(84.44mv%) K=49.7 NH4=5.1 Mg=3.5 Ca=468.2 Fe2=7.9 F=1.0 Cl=4318(73.72) Br=9.4 I=0.2 SO4=1850(23.31) HCO3=289.1 H2SiO3=56.0 HBO2=91.3 CO2=188.7 (H21.8.17)


21年末にオープンの日帰り温泉センターせせらぎの湯。アップルロードから陸上自衛隊駐屯地方面に入るまでは看板があるので分かるが、そこから温泉までが少しわかりにくかったが無事に到着。入浴施設としては内湯に露天風呂、サウナを完備。他には有料だが露天風呂付家族湯とノーマル家族湯、岩盤浴などがある。宴会場に休憩場、食事処にマッサージなど至れり尽くせりである。

内湯浴室はガラス張り。浴槽は多種類完備でガラス窓伝いに配置。端から順番にバイブラ浴槽に低温歩行浴槽、高温浴槽にジェットバス浴槽。そして、洗い場にサウナ用水風呂、サウナという感じ。浴槽は各種あるが温泉を静かに楽しめるのは高温槽です。ココの浴槽だけはジャグジーやジェットが無く落ち着く。湯は黄土色濁りの弱キシキシ感。金気臭にガス臭も少し。甘塩味感じるお湯。

扉一つで露天風呂も用意されている。露天風呂は屋根あり。異なる湯温が楽しめる大少二つの浴槽がある。但し投入量少なめで新鮮湯は楽しめない。
(10年5月)

(三昧)


白馬龍神温泉や光世温泉(廃業)の近くに新しく出来た日帰り温泉施設です。綺麗で立派な造りで、関東界隈にもありそうな今どきの温泉施設といった感じ。旅人が求めるであろう「ディープな青森らしさ」は薄いです。しかしお湯は濃かった・・。

脱衣所を抜けると先ずは内湯です。ガラス張りの広々とした浴室内には、窓に沿ってジャグジー槽、歩行浴槽、各6人サイズの適温槽とぬるめ槽(ジェット稼動)がL字型に並んでいます。湯は濃い黄土濁りのギッチギチで、ガス臭+金気+土類臭がプンプン漂う見た目通りのもの。口に含むと味のハッキリとした甘塩金気炭酸味がします。やや熱め源泉のためかジャンジャン掛け流しではなく、どちらかというと湯量絞り気味。よって、浴槽全体ではややぬるめにすら感じる部分もありますが、湯口付近ではそれなりの熱湯と泡付きも楽しめました。以上、内湯の感想。

続いて露天風呂ですが、こちらには10人サイズのぬるめ槽と、3人サイズの適温浴槽が造られています。湯は内湯と比べ圧倒的に劣化が進み、特に大浴槽では鮮度不足を感じてしまうほどでした。

固定式シャワー、昔ながらのカランといった銭湯的部分はあるものの、サウナ、岩盤浴、家族湯も完備。なにしろまだ新しく館内は綺麗。だからなのか、朝7時30分の時点で夕方のピーク時かと思うほどの混雑ぶりでした。(朝風呂タイム狙いだったのかも)
(10年5月)

(まぐぞー)



男性内湯


黄土濁りの湯


湯口


はしご湯のすすめ青森県の温泉