はしご湯のすすめ山形県の温泉


長井あやめ温泉 桜湯 長井あやめ温泉 桜湯

長井市寺泉4246-13
TEL(0238)88-2817
9時(冬期10時)〜20時/300円→400円

訪問:10年1月

大林源泉/ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉/40.5℃ pH=7.8 溶存物質計=1734mg Li=0.2mg Na=464.4 K=17.9 Mg=5.0 Ca=81.8 Mn=0.4 Fe2=1.0 F=4.5 Cl=316.9 Br=1.0 SO4=648.7 H2SiO3=34.9 HBO2=1.3 CO2=4.1 (H20.2.20)/※加温あり、掛け流し


高台にある日帰り温泉施設です。施設の敷地内には一戸建ての貸し別荘「桜湯別館」があり、こちらでは一日一組限定で宿泊もできる。小高い高台にあるので天候の良い日には眺望も期待できそう。訪問時は吹雪による悪天候で眺望は望めずじまい。浴室以外に湯上り後の休息室、ちょっとした食堂もあり。

浴室は半露天風呂といった印象を受ける造り。8人サイズの岩風呂が一つある。浴槽から溢れ出る湯の通り道(石板)は赤茶色に染まっている。岩組み湯口より48℃に加熱した源泉を15L/minほど浴槽へ流し込んでいる。湯口で金気風味がある。湯はやや黄色づいた微濁したもので薬臭味を感じる。浴槽湯は41℃なので、外気温の低い季節では温く感じてしまう。加熱掛け流しでまずまず。
(10年1月)

(三昧)


長井市の長閑な地にあるこぢんまりとした温泉施設です。どちらかというと湯小屋チックな規模と雰囲気。訪問時は生憎の吹雪と積雪で到着するまでが大変でした。そんな悪天候の中を湯浴みに来るモノ好きはいないらしく、訪問時は受付の人以外は誰一人いません。ちなみに、帰る時まで他にお客さんは来られませんでした。

浴室は男女別にひとつづつあります。その浴室というのが、全面的に囲いのされた露天風呂というか、内風呂いうか・・どっちつかずの妙な造り。浴室には岩の配された7〜8人サイズの四角い浴槽がひとつあり、湯口より熱めに加熱された源泉が流し込まれています。湯使いとしては加熱の掛け流しといったところでしょう。

肝心の湯はほんのり黒みがかっても見える茶濁りを帯びた透明で、入った瞬間の肌表面はツルツルと感じるものの、かなりギチギチ感のある硬質湯。甘い臭いと鉄臭がプンと漂い、口に含むと鉄+炭酸+甘味が突出、そしてほのかに塩味も感じます。ヒンヤリ感のある硬い湯なので夏向きかもしれない・・と、個人的には思います。
(10年1月)

(まぐぞー)



男性浴室


男性浴槽


男性湯口



女性浴室


女性浴槽


女性湯口


はしご湯のすすめ山形県の温泉