はしご湯のすすめ山形県の温泉


銀山温泉 銀嶺荘 銀山温泉 銀嶺荘

尾花沢市大字銀山新畑162-1
TEL(0237)28-2378
12月〜4月/9時〜17時
5月〜11月/9時〜19時30分
200円

訪問:09年8月


協組2号源泉、協組3号源泉、協組4号源泉、協組6号源泉/含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(硫化水素型)/61.4℃ pH=6.8 溶存物質計=2277mg Li=0.5mg Na=648.6 K=52.9 Mg=2.1 Ca=70.4 Mn=0.6 Fe2=0.2 F=3.8 Cl=827.4 Br=1.9 I=0.9 SO4=320.4 HCO3=118.0 CO3=0.1 H2SiO3=108.9 HBO2=113.0 HAsO2=6.6 CO2=44.1 H2S=1.5 (H19.1.15)/※加水あり


銀山温泉へ向かう手前の左側にある日帰り温泉施設。館内の様子からして公共の温泉福祉施設なのかも知れない。受付から奥へ進み突き当たりが浴室。訪問時はガラス窓が全開にしてあり、周囲からも浴室内が丸見えという開放的な状態。

タイル造り3人サイズの小さめ浴槽が一つあります。利用源泉は銀山で利用されているものを引き湯。浴槽内の湯は無色透明で微白濁りのもの。焦げタマゴ臭で湯温は熱めの45℃もあります。木製湯口より高温の源泉を少量ずつ浴槽へ落としこみ。浴室内の水道よりホースにて若干の差し水で温度調整。銀山温泉を利用しているとは言えども、温泉街の雰囲気も全く無いので単独温泉施設とも思ってしまいます。
(09年8月)

(三昧)


銀山温泉街へ行く途中の道路沿いにある温泉施設です。温泉施設といっても、小さな公民館のような建物内の浴室を一般にも開放しているというもの。地味な佇まいといい、雰囲気といい、町の老人福祉施設のような気もしないではありません。

館内には男女別に内湯がひとつづつ。女性側には3人サイズの四角いタイル浴槽がひとつあります。湯口より超激熱の無色透明湯が注ぎ込まれ、浴槽内でも激熱。焦げタマゴ臭がプンプン漂う湯はほんのりと白濁りを帯び、浴槽縁より静かに溢れ出しています。湯口より一口含むと塩気のあるタマゴ味でなかなかの美味。

が・・なにしろ熱い。桶で必死に湯揉みをしてなんとか浴槽に浸かる事ができました。あまりに豪快に湯揉みをしたもんだから、浴槽底に沈殿していた毛が大量に舞い上がってしまい、かなり悲しかった・・。
(09年8月)

(まぐぞー)



男性浴室


男性湯口


女性浴室



女性浴槽


女性湯口


女性側のタイル絵


はしご湯のすすめ山形県の温泉