はしご湯のすすめ山形県の温泉


湯田川温泉 大国屋旅館 湯田川温泉 大国屋旅館

※休業中

鶴岡市湯田川乙49
TEL(0235)35-2308
時間要問合せ/300円

訪問:09年8月

湯田川1号泉/ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉 42.6℃ pH=8.4 溶存物質計=1287mg Li=0.1 Na=224.1 K=3.6 Mg=0.2 Ca=176.3 F=2.3 Cl=56.4 Br=0.3 SO4=737.7 HPO4=0.1 HCO3=31.5 CO3=0.6 H2SiO3=52.6 HBO2=1.3 CO2=0.2 (H15.11.17)/※深夜4時間のみ塩素系薬剤注入あり


湯田川の湯治宿です。見た目の印象は民家風な建物です。看板が無ければ普通の家でしょう。立ち寄り可能かどうかは不明でしたが、訪問してみると「どうぞどうぞ」と女将さん。

廊下を進んで浴室は突き当たったトコにあります。男女別に分かれた内湯浴室、円形3人サイズの使い込まれたタイル浴槽が一つあります。この丸い浴槽、なんともいい雰囲気を演出しています。キレイに澄んだクリアーな湯が、こんこんと静かに浴槽から溢れ出ています。満たされている湯は無色透明、弱薬臭のするもの。熱すぎず温すぎずの42℃の湯温が、ゆったりとした湯浴みを与えてくれます。まずまずのお気に入り。
(09年8月)

(三昧)


湯田川温泉街の中でも、目立たない路地沿いにひっそりとある湯治宿です。立寄りを伺うと女将さんが快く受付けてくださいました。館内は昔ながらの懐かしい民家といった雰囲気です。

浴室は男女別に内湯がひとつづつ。女性浴室には2〜3人サイズの丸いタイル浴槽がひとつあり、湯田川の湯が満たされています。湯口より流し込まれる湯は無色透明、浴槽内で適温、心地よい温泉臭が漂います。引き湯距離もあってか、共同浴場の湯と比べややこなれ感はありますが、鮮度は良く、こちらの方がより優しい印象。当然ながら掛け流しですが、女性浴槽の構造上、溢れ出しは見られません(男性側で溢れる)。

この浴室、どうやら別の宿と繋がっていて、共同利用のような気もしないではない。たぶん、浴室を境に旅館部と湯治部とに分かれているのかも・・??
(09年8月)

(まぐぞー)



男性浴室


湯口


女性浴室


はしご湯のすすめ山形県の温泉