はしご湯のすすめ栃木県の温泉


塩原あかつきの湯 塩原あかつきの湯

那須塩原市関谷1689-1
TEL(0287)35-2711
10時〜17時/800円(土日祝1000円)
17時〜22時/600円(土日祝800円)

訪問:09年8月

仮称塩原日の出温泉/アルカリ性単純温泉(Na-HCO3) 68.4℃ 250/min(動力) pH=9.2 溶存物質計=866mg Na=231.5mg(98.05mv%) K=1.5 Ca=1.1 Mg=0.5 Fe2=1.8 F=24.3 Cl=8.2 HS=0.4 SO4=41.2 HCO3=439.6(67.17) CO3=27.2 BO2=9.1 OH=0.3 H2SiO3=79.4 CO2=0.5 (H16.4.30)/※気温の高い時のみ加水する事があります


塩原のセンター施設。既に周囲は暗い夜間なのに、施設建物の周りは照明がかなり控えめです。逆に言うとココがそうなの?と思ってしまうほどの暗さです。駐車場には地元より首都圏ナンバーの車が目立ちます。館内設備としては大浴場に露天風呂、水着着用のプールまでもある。

内湯は御影石縁、25人ほどの広々長方形浴槽。浴槽湯は42℃、黄褐色透明、焦げゴム臭、ニュルニュルとした浴感が目立ちます。湯口より投入があり、浴槽縁の切り込みより溢れ出している掛け流しですが、どうみても浴槽サイズからしてお湯の投入量が少な過ぎます。休日でお客さんも多く、湯は完全に新鮮さを失っていた。

岩風呂風な露天風呂へ扉一つで移動できます。10数人サイズの広さです。湯口内部にて加水があり、高温源泉に加水して温度調整。この湯口では焦げゴム臭が香ります。浴槽湯は42℃、緑黄色微濁り。露天に関しても、高アルカリで(Na-HCO3)型のニュルニュル浴感が楽しめます。
(09年8月)

(三昧)


塩原の牧場地帯にある比較的新しい日帰り温泉施設です。室内プールも併設された立派な所で、お値段もそれなりの関東圏価格。実はオープン間もない頃に一度入口まで行ったのですが、値段の高さに泣く泣く引き返した経験が・・。今回、温泉博士で無料のおかげで、やっと立寄る事ができました。

男女別浴場は大型日帰り施設そのものといった造りで、使い勝手のいいカランの並ぶ広々内湯浴場、サウナ、そして露天風呂といった構成となっています。

内湯は20人ほど入られそうな長方形タイル浴槽、ジャグジー寝湯槽、そして掛け湯槽が温泉利用となっています。それぞれの浴槽に熱い源泉が投入され、浴槽内で適温。湯はゴムを焦がしたようなモール系の臭いが軽く漂うもので、ニュルっとした肌触りが印象的。湯色は夜の訪問の為、室内の照明が暗かったのでハッキリとわからなかったのですが、褐色系の色づきのある透明湯かな?訪問時は既にたくさんの人が浸かった後らしく、湯なまりがあったのが残念。

露天風呂は10人サイズの岩風呂がひとつあり、内湯と同じ源泉が投入されています。こちらも訪問時は湯なまり気味。ただし、湯の臭いや肌触りのニュルニュル感は内湯よりも強い印象で、湯口付近では比較的鮮度の高い湯を楽しむ事ができました。
(09年8月)

(まぐぞー)



男性内湯


男性露天風呂


はしご湯のすすめ栃木県の温泉