はしご湯のすすめ福島県の温泉


沼尻温泉 旅館ひいらぎ 沼尻温泉 旅館ひいらぎ

耶麻郡猪苗代町沼尻温泉
TEL(0242)64-3235
10時〜16時/500円

訪問:09年4月

沼尻元湯/酸性-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉/71.8℃ pH=1.9 10000L/min(自然湧出) 溶存物質計=3002mg H=15.0mg(32.94mv%) Na=55.2 K=23.0 Mg=41.0 Ca=264.0(29.15) Sr=0.4 Al=90.2(22.20) Mn=2.0 Fe2=18.2 Zn=0.3 F=23.8 Cl=377.6(22.70) Br=4.0 HSO4=433.6 SO4=1465(65.00) H2SiO3=157.4 HBO2=17.8 H2SO4=13.8 H3PO4=0.1 (H16.9.16)


玄関前に「日帰り入浴500円」の案内があったので訪問。大女将に女将、犬二匹にお迎えいただく。キレイな建物外観の印象と比べると、浴室はやや鄙びた印象を受けます。浴室内は通気よく快適な空間。

浴槽は内湯のみで木造、長方形で6-7人サイズのものが一つあります。露天風呂は無し。湯口からは50L/minオーバーの源泉が吐き出されていますが、そのほとんどが浴槽外に捨てられている状態。水道蛇口からも相当量の加水があり、浴槽湯は沼尻本来のものではありません。当然にも満足出来ないので、全量の源泉を浴槽投入になるように塩ビ管の向きを変える。結果、15分ほどで沼尻のお湯に変貌となり満足。

レモン強酸味、収斂味で口中は唾液がたくさん。無色透明、浴槽底には黄白の湯華が少量沈んでいます。時期柄でお客さんが少ないせいか、浴室は終始に渡り一人で独占でした。明礬臭香る高温の湯を、たっぷり投入して満喫しました。
(09年4月)

(三昧)


スキー場のすぐ近く、数軒のお宿が集まる静かな温泉地「沼尻」です。今回は「ひいらぎ荘」に立寄ってみました。ペンション風のひいらぎ荘は大きな看板もなく、あまり目立つお宿ではありません。もしかすると、そのぶん穴場なのかも。

男女別浴室には内湯がひとつずつ。広さのある浴室で、窓も大きく開放的な印象です。使用源泉の性質上か、洗い場も浴槽もほぼ全てが木造で雰囲気いいです。6〜7人サイズの四角い浴槽に源泉が注がれているのですが、なにぶん高温なので訪問時はパイプにて湯のほとんどを浴槽の外に逃がしていました。それに加え加水用の蛇口が大きく開いていたので、せっかくの熱湯がちょっと物足りない適温となっています。そこで、加水の蛇口を閉め、源泉を全投入すると・・あれよあれよという間にシャキッと新鮮な熱湯に入れ替わり。なにしろ投入量が多いので時間もそれほどかかりません。(浴後は元の状態に戻しましたよ〜)

肝心の湯は、投入口では触ると火傷しそうな程の熱湯で、浴槽内では無色透明な中にパウダー状の白湯花が沈殿。レモンのように雑味のない強烈な酸味があり、湯面からは「もったり」とした明礬臭が漂います。このテの湯で感じられる皮膚が溶けるようなヌルヌルとした浴感がたまりません。浴後は火照り感がなく、肌がサラサラとして心地よい。夏向きの湯かと思いました。
(09年4月)

(まぐぞー)



男性浴室



浴槽



湯口



女性浴室



最初はこんな風に
お湯が逃がされていました


湯を全て投入
させていただきました


はしご湯のすすめ福島県の温泉