はしご湯のすすめ福島県の温泉


あづま温泉 あづま温泉

福島市佐原字竹ノ森22
TEL(024)593-1009
9〜21時/350円

訪問:09年4月

あづま温泉/ナトリウム-炭酸水素・塩化物泉/71.8℃ pH=7.4 113L/min 溶存物質計=2163mg Na=584.8mg(97.58mv%) K=1.8 Ca=1.8 Fe2=0.7 F=4.0 Cl=267.3(28.44) SO4=6.9 HCO3=1136(70.24) H2SiO3=85,2 HBO2=60.1 CO2=66.0 (H17.11.25)


新しめの日帰り温泉施設です。小高い山の中腹に位置しています。そのため、ココからの眺めがいいです。表通りには案内看板があるので迷うことはないでしょう。

浴室には大きく取り入れたガラス窓があり、露天浴槽と内湯浴槽がガラス一枚で横並び状態になっています。内湯は6-7人サイズの角タイル張りのものです。湯は黄色がかり微濁、弱重曹甘苦味に薬っぽい臭いと、軽いつるスベの浴感があります。鮮度も良好で満足。湯温は43℃。しかしながら。投入量はやや少なめかと思います。たまたま朝一でコンディションの良い状態でしたが、客数の多い時間帯になるとやや心配です。

露天風呂は石板張りの6人サイズのものです。屋根が全く無いので開放感はまずまずでしょう。露天風呂からの市内を見渡す眺めが良いです。これを見るだけでも来た甲斐がありました。肝心なお湯はほんのり黄緑がかってみえます。微濁、つるすべ浴感に薬臭は内湯同様です。湯温は熱めの44℃。
(09年4月)

(三昧)


微温湯温泉の近く、小高い丘の上にできた比較的新しい温泉施設です。ガランとした広場に大きな温泉マークの乗っかった簡素な建物がポツンとたち、近くには休憩できそうなイスや、何故かタイのホテルにでも飾られてそうな大きなゾウの像も置かれています。とても眺めの良いところにあり、建物の裏は遠くの山々や街並が広がるパノラマとなっています。館内の男女別浴室は、それぞれ内湯×1、露天風呂×1といった構成。

先ずは内湯ですが、6〜7人サイズの台形浴槽がひとつあり、くすんだ黄緑色がかった透明湯が掛け流されています。こなれたスベスベ感のある湯はやや熱め、塩気と苦味、そして重曹系の甘味を感じるもので、よくあたたまるタイプ。難点は湯温が高く投入量が少なめなので、訪問時間によっては湯汚れが起きるかも?

続く露天風呂は6〜7人サイズの台形で、湯は内湯と同じようですが、こちらの方が熱めとなっています。ここは何といっても目の前に広がる景色が素晴らしいです。訪問時は昼間でしたが、夜景も綺麗そう。

建物の規模はこぢんまりとし、地元民で賑わうあづま温泉は、日帰り温泉施設というよりは地域の共同湯的雰囲気がありました。まだ知名度は低いのだと思うけれど、無料の休憩室もあるし、ロケーションもよく、これから人気が出そうな所と思います。
(09年4月)

(まぐぞー)



男性浴室


男性露天風呂


眺めがいいです



女性浴室


女性露天風呂


休憩室



なぜか大きなゾウの像


こんな休憩スペースも


はしご湯のすすめ福島県の温泉