はしご湯のすすめ山形県の温泉


さくらんぼ東根温泉 巽の湯 さくらんぼ東根温泉 巽の湯

東根市
8時〜19時30分/250円
月曜日休み

訪問:08年9月

東根温泉協同組合18号泉源泉/ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉/50.8℃ pH=7.6 蒸発残留物=1402mg Li=0.6mg Na=443 K=7.7 Mg=1.6 Ca=44.3 Mn=0.1 F=4.0 Cl=545.6 Br=0.9 I=0.3 SO4=101.9 HPO4=0.2 HCO3=319.2 CO3=1.0 H2SiO3=71.1 HBO2=19.5 CO2=13.5 (H7.11.20)/循環あり、塩素系薬剤使用あり


東根にいくつかある公衆浴場の一つです。正面入口の「巽の湯」看板が無ければ、公衆浴場という建物には見えません。未訪問でしたので立ち寄りしてみました。番台で入浴受付して浴室へ向かいます。

浴室には10人は入れる広さのタイル張り変形浴槽が一つあります。薄く黄色がかった透明湯がなみなみと浴槽を満たしています。湯口ではタマゴ臭も少々あります。湯面からは弱く薬っぽい臭いも漂います。湯温は45-46℃と熱めなので、掛け湯を十分にしてから湯にどっぷりどうぞ。脱衣所には「循環あり」「塩素消毒あり」と掲示があったが、これはジャグジー使用時のものかも知れない。訪問時はジャグジー未作動、熱め湯がザンザン溢れ出して、なかなか立派な掛け流しであった。
(08年9月)

(三昧)


温泉街に点在するいくつかの公衆浴場のうちのひとつです。鄙びではありませんが、建物はやや古い印象。入口には管理人さんが常駐しています。

館内には男女別に内湯がひとつづつ。女性側は長靴のような細長い形の10人サイズタイル浴槽がひとつあります。湯口より熱めの源泉が流し込まれ、浴槽内でも熱め。濃い紅茶のような鮮やかな色の湯が常にサラサラと溢れ出し。湯口でホワッと柔らかなタマゴ臭が漂い、湯面からは鉱物重曹臭。スルスベとした浴感があるのですが、体の表面がサッと熱くなるタイプで長湯はキビシイ。掲示には循環併用と書いてあったけれど、訪問時はたぶん掛け流しだったんじゃないかな?浴後はお肌がガビガビになりました。
(08年9月)

(まぐぞー)



男性浴室


別の角度から


湯口

※女性側もほぼ似た造り


はしご湯のすすめ山形県の温泉