はしご湯のすすめ山形県の温泉


べに花温泉 ひなの湯 べに花温泉 ひなの湯

西村山郡河北町谷地字下野269
0237-71-0333
6時〜22時(21時まで入館)/250円
第2木曜休み(祝日は翌日)

訪問:08年9月

町営2号/ナトリウム-塩化物泉/51.1℃ pH=7.8 溶存物質計=2288mg Na=672.5mg K=10.3 Mg=10.7 Ca=97.2 Mn=0.4 Fe2=0.2 Cl=1052 Br=2.7 I=0.3 SO4=4.3 HPO4=0.2 HCO3=372.0 CO3=1.8 H2SiO3=59.2 HBO2=4.3 CO2=9.9 (H16.5.31)/加水あり、循環あり、塩素系薬剤使用あり


早朝より営業している公共の日帰り温泉施設です。大規模施設で安価な利用料金。朝風呂を楽しもうと入口にならびオープンを待ってしまう。

いきなりカルキ臭漂うガラス張り浴室におどろく。ガラス窓に沿った変形浴槽は30人以上は入れる大きなサイズのものです。大人数対応の浴槽には薄黄褐色透明、弱すべ浴感の湯が張られています。循環ろ過あり、で43℃の設定。それとは別に高温浴槽もあります。45-46℃と熱めに調整された浴槽で8人サイズの広さです。湯は褐色透明、弱すべ感に弱甘塩味。ここの湯だけは源泉掛け流し、鮮度良く気に入りました。風呂上りのぽかぽか感が持続する温泉です。
(08年9月)

(三昧)



河北町にあるドーンと大きな日帰り温泉施設です。建物の規模、雰囲気、料金から察すると、町営かなにかでしょうか?訪問はオープン直前の朝一番だったのですが、入口には既に沢山の地元民が開館を今か今かと待っていました。

男女別浴場は内湯のみですが、広々と窓がとられ明るい雰囲気です。浴槽は窓際に横並びで三つあり、「真湯槽」「源泉槽」そして2〜30人は浸かれそうな「メイン浴槽」となります。本来なら源泉槽にて湯浴みを楽しみたいところですが、訪問時がたまたまそうだったのか、足を入れるのもシンドイ超高温で、とてもとても浸かれる状態ではありません。何人か入ろうとするものの、みなさん足先だけ入れて断念。私がいる間は結局誰一人浸かる事ができませんでした。

というワケで、今回はメイン浴槽で湯浴みを楽しみました。この浴槽は「源泉を入れつつの循環」という湯使いのようですが、印象的には「ほぼ循環」といった感じ。ただし、それほど悪い印象はありません。鉱物臭がかすかに香るスベスベ湯は、緑茶をしばらく放置したような、渋茶がかった透明。源泉を一口含むと薄い甘ダシ塩味がします。温まり度も良好。

最初、浴室に入った途端、塩素臭がプーンと漂ったのですが、お湯からは臭わず、浴場の清掃時のものだったかな?
(08年9月)

(まぐぞー)




入口



男性浴室



源泉浴槽



女性浴室


源泉浴槽


湯口


はしご湯のすすめ山形県の温泉