はしご湯のすすめ埼玉県の温泉


久喜天然温泉 なごみの湯 久喜天然温泉 なごみの湯

久喜市江面1574-1
0480-22-1705
9時〜24時/700円→750円

訪問:08年10月、14年6月

久喜和みの里温泉/ナトリウム-塩化/45.8℃ pH=7.6 779L/min(動力) 溶存物質計=5025mg Li=0.2mg Na=1615(87.99mv%) K=25.4 Mg=31.6 Ca=124.9 Sr=1.2 Ba=0.3 Al=0.2 Mn=0.1 Fe2=0.2 F=0.3 Cl=2395(84.46) Br=9.0 I=1.2 SO4=8.0 HPO4=0.4 HCO3=739.0 H2SiO3=44.7 HBO2=28.1 CO2=39.8 (H13.12.14) →各浴槽の湯使いは、このページの一番下


埼玉の温泉施設に出かけてみました。夜間九時前に着いてみると、薄暗い照明で照らされた建物は和風なレストランとも見えなくはない外観です。「なごみ」は首都圏近郊に点在する深夜まで営業している温泉施設です。入浴施設としては内湯、各種の露天浴槽、塩釜サウナ、砂むし風呂(別料金)などの多種類があります。

照明弱めの内湯浴室、湯温が多少異なる木造の浴槽が横並びで二つあります。それぞれは10人ほどの広さがあり、41℃と43℃の設定温度が異なります。お湯は弱甘味に塩味、弱つるつる感がするものです。照明弱くはっきりとした湯色は不明ですが薄い黄緑色のようにも見えました。弱臭素臭があり、浴感もたっぷりです。

露天スペース中央に配置されている八角風呂を中心に各種浴槽が点在しています。八角風呂は7−8人ほどのサイズがあります。浴槽底に溜まったゴミなどを吸引する装置があり、基本的に半循環のようです。はっきりとした塩味、弱くつるつる感のお湯は43℃ほどで浸かりやすいです。この八角風呂が一番気に入りました。露天スペースも照明暗めだったので湯色などの詳細は不明です。昼間、確認に再訪したいですね。
(08年10月)

(三昧)



久し振りに埼玉県の温泉へ行きました。「なごみ」はガランとした長閑な場所にある和風チックなセンター系浴場で、このテの括りとしては別段目新しさはないのですが、他所と比べると少し落ち着いた印象があります。

脱衣所を抜けると先ずは内湯ですが、薄暗い照明の中に雰囲気のいい木造の長方形浴槽が横並びにあり、静かに湯浴みを楽しめます。続く露天風呂には幾つかの浴槽が点在するのですが、こちらも「癒し」をテーマにしている様子で、特に洞窟のようになっている所は湯の音が水琴窟のように響き、なんとも不思議な空間となっています。

肝心の湯ですが、基本半循環、浴槽ごとに加温などを加え若干印象が異なりますが、弱いツルツル感があり、湯口では弱く海のような、また、焦げたゴムのような香りも漂います。夜の訪問で館内の照明が薄暗かったので湯の色は確認できなかったのですが、何かしらの色づきがありました。平日の訪問だった為かお客さんがまばらで、湯の状態もまずまず、静かにストレスなく湯浴みができたのが好印象。もしかしたら混雑時に行くと、また違った印象を受けるのかもしませんが・・。
(08年10月)

(まぐぞー)


他にお客さんがいたので浴室画像は、ありません。


※(内湯)気温の低い期間のみ加温有り、循環あり
※(八角風呂)気温の低い期間のみ加温有り、循環あり
※(五右衛門風呂)気温の低い期間のみ加温有り、濾過あり
※(滝見・洞窟風呂)夏場、気温の高い時に加水あり、循環あり
※(香り風呂)気温の低い期間のみ加温有り、濾過あり


はしご湯のすすめ埼玉県の温泉