はしご湯のすすめ群馬県の温泉


幡谷温泉 ささの湯 幡谷温泉 ささの湯

利根郡片品村幡谷535
TEL(0278)58−3630
10時〜21時/500円
第1、3水曜休み

訪問:02年6月、08年8月

単純温泉/Na=186mg K=2.3 Mg=0.7 Ca=5.1 Fe2=1.6 Al=0.3 F=16.3 Cl=13.6 SO4=17.8 HCO3=415 CO3=5.5 NO3=0.4 H2SiO3=39.9 HBO2=3.4 CO2=46.3 (H8.1.19)/※冬期のみ加温あり


メインは日帰り温泉施設、ついでに宿泊も出来ますよといった印象を受ける「ささの湯」。しばらく前に訪れていて今回は二度目です。施設としては男女別内湯に露天風呂、湯上り後に休憩できる休み処があります。内湯は10人オーバーの広さがあるタイル張り浴槽が一つ。岩石湯口にはコップがあり、湯を飲む事もできます。クセがなく飲みやすいお湯、無色透明、個人的に好きではない温泉臭で無味。41℃の適温での湯浴みでゆったりできます。冬期に加温がありますが、夏場では源泉そのままの掛け流し。

露天風呂へは内湯からそのまま移動します。立派な庭園風露天風呂仕様で、浴槽の一部分が屋根掛けされています。開放感ある露天風呂は10人サイズの広さ。湯口より41℃の湯を30L/minほど浴槽へ落とし込みです。湯は内湯同様に無色透明でやさしい感じの湯。尾瀬散策後や登山後の汗流しに最適でしょう。
(08年8月)

(三昧)


片品村の長閑な地にある温泉宿です。といっても、外観、館内、その他もろもろ、どう見ても日帰り温泉施設といった感じです。実際、私も今回入館するまで、まさかココに宿泊できるとは思っていませんでした。館内には男女別に内湯と露天風呂があります。

脱衣所を抜けると先ずは内湯ですが、窓が広く明るい浴室となっています。7〜8人サイズの四角い浴槽がひとつあり、無色透明の湯がサラサラと掛け流されています。湯は無色透明、やや「ぬるめ寄り」の適温でツルツルとした浴感があり、そして何とも表現しがたい不思議な臭いが仄かに漂います。湯口に飲泉コップがあったので一口飲んでみるも特に味はなし。なにしろ充分な量の掛け流しで、気持ちの良い湯浴みができました。

続く露天風呂は5〜6人サイズの岩風呂。目の前に茂る樹木を眺めながら清々しい湯浴みができるのですが・・訪問日は虻が飛び交い早々に内湯へ避難。夏の露天風呂は虻がどこも悩みの種ですね。

地元の奥さん方の話によるとここは他所の施設に比べ空いているのだそう。客層の印象としては観光客より地元民中心。浴後の温まり度もよく、冬にもいいと思いました。
(08年8月)

(まぐぞー)



男性内湯


男性露天風呂


掲示


はしご湯のすすめ群馬県の温泉