はしご湯のすすめ山形県の温泉


さくらんぼ東根温泉 いしの湯 さくらんぼ東根温泉 いしの湯

東根市温泉町
8時〜20時/150円(洗髪+30円)

訪問:08年1月

東根温泉協同組合15号泉
ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
67.9℃ pH=8.2 蒸発残留物=1028mg
Li=0.6mg Na=319.7 K=8.9 Mg=0.1 Ca=32.6 F=5.1 Cl=349.5 Br=0.7 I=0.2 SO4=187.3
HPO4=0.2 HCO3=145.4 CO3=1.7 H2SiO3=77.8 HBO2=10.8 HAsO2=0.1 CO2=1.5
(H8.2.6)


東根温泉にある民間の鄙び系公衆浴場「いしの湯」です。「いしの湯」の看板が無ければ外観は個人の家にしか見えません。建物内に入ってみるとやはり個人の家そのものです。

廊下を右手に進み浴室へ。3人サイズのタイル張り浴槽が一つのみの簡素な造りです。男女浴室の境には湯坪があり、そこから塩ビホース経由で浴槽へ送湯。薄黄褐色透明のお湯はホース湯口においてタマゴ臭に重曹薬臭、弱い甘味がするお湯です。温度調整は利用者任せのようで、熱いときは湯口がわりの塩ビホースを浴槽から外し、温いときはホースを浴槽へ入れるという具合。低料金で楽しめる公衆浴場、いつまでもあり続けてもらいたい。
(08年1月)

(三昧)



どうみても古びた民家にしか見えない素朴な建物内にある共同浴場です。管理人さんもここに住んでいるように見えるし、なんだか本当に人の家にお邪魔しているみたい。

浴室への扉を開けるとムッとした重曹臭がお出迎え。女性側には2人サイズの四角いタイル浴槽がひとつあり、糸状の細かな白湯花の浮遊する、くすんだ緑茶濁りを帯びた透明湯が満たされています。浸かってみると結構な熱さに身がちぢむ。アッという間に体の表面がアチチとなる感じの湯です。

源泉は浴槽横の湯壷よりホースを通して流し込むというシンプルな仕組みで、その為か時折流れが止まる事もあるらしく、「そういう時はホースの片方をくわえて、プッと息を吹き込んでみて」とは、地元の御婦人。浴槽内部には以前使っていた注入穴らしきものもあるのですが、どうやら詰まって使用できないみたい。
(08年1月)

(まぐぞー)




男性浴室
(女性側もほぼ同じ)


浴槽



薄黄褐色透明のお湯



はしご湯のすすめ山形県の温泉