はしご湯のすすめ栃木県の温泉


川治温泉 山味亭こうわ 川治温泉 山味亭こうわ

※休業中

日光市川治温泉川治22番地
立寄り時間、料金要問合せ
※日光・鬼怒川ウキウキパスポートで
湯めぐり手形を購入しました

訪問:08年1月

川治温泉No2源泉/単純温泉/47.8℃ pH=7.8 溶存物質計=341mg Na=73.1mg K=4.5 Ca=13.3 Mg=0.4 Al=0.4 F=3.2 Cl=68.4 S2O3=0.1 SO4=61.0 HCO3=66.2 HAsO2=0.2 H2SiO3=44.8 HBO2=5.6 CO2=7.7 (S61.4.23)


国道から橋を渡った川向こうに建つお宿。湯行手形協賛宿リストに「内湯のみの小さな浴槽」とパンフにあったので行ってみる。

浴室までエレベーターや廊下には魚拓などが飾られていたので釣り客御用達のお宿なのかも。青石敷きの浴室、ガラス張りで眼下には鬼怒川が流れ展望風呂というフレコミだ。変形六角形浴槽は10人サイズの広さがある。浴槽内に吸い込み口があったが作動は未確認。因みに女湯はバリバリと作動していたそうだ。

湯口より47℃前後の湯が少量のみ投入がある。これは源泉そのまんまと思われる。しかし浴槽サイズからして投入量はあきらかに少ない気がする。湯は無色透明で、特別などうのこうのはない。
(08年1月)

(三昧)


川治温泉にある、こぢんまりとした旅館です。館内には魚の魚拓・・というか、皮で作った魚拓みたいのが飾られ、どうやら釣り人の宿でもあるようです。

浴室は男女別に内湯がひとつづつ。女性側には窓沿いに10人弱サイズの浴槽がひとつあります。縁が木造り、底が石造りのもので、派手ではないスッキリとした浴槽です。湯口より熱い源泉を少量投入、浴槽からも少量溢れ出し。浴槽内の吸い込み作動で、これが循環利用か単なる吸出しかは不明。浴室は少々塩素臭。無色透明の湯は弱いトロミのある、クセのないものです。窓の外は川が流れ、眺めが良いところでした。
(08年1月)

(まぐぞー)



男性浴室


男性浴槽


女性浴槽


はしご湯のすすめ栃木県の温泉