はしご湯のすすめ栃木県の温泉


川治温泉 柏屋 川治温泉 柏屋

日光市川治温泉高原62
TEL(0288)78-0002
立寄り時間、料金要問合せ
※日光・鬼怒川ウキウキパスポートで
湯めぐり手形を購入しました

訪問:08年1月

共同浴場源泉
単純温泉
36.3℃ pH=8.0 溶存物質計=286mg
Na=64.1mg K=2.5 Ca=12.6 Mg=0.6 F=2.0 Cl=51.4 HS=0.1 SO4=46.9
HCO3=59.8 NO3=1.6 HAsO2=0.1 H2SiO3=43.0 HBO2=3.3 CO2=1.0
(H16.11.11)

※加温あり、循環ろ過あり、塩素系薬剤使用あり


大規模な温泉観光ホテルです。柏屋のように規模の大きなホテル旅館が川治もそうですが、隣の鬼怒川温泉にも多くあります。川治湯行手形を利用して訪問。一般ウケしそうなお宿です。

脱衣所に踏み入れた瞬間にカルキ臭が漂います。ガラス張り内湯浴室は明るく気持ちがいい造り。凝灰岩の石材を用いたキレイな浴槽は横長で30人は浸かれそうな広々としたもの。湯は無色透明、弱カルキ臭。湯使いは循環絶好調、ただしオーバーフローもあるので半循環か?

なにはともあれ内湯から移動できる露天風呂が凄い。17mもの奥行きのビッグサイズでかなり広い造りである。内湯から移動して初めて見たときはあまりに広いので驚く。石板や大小の岩石を用いた50人スケールの浴槽である。半面に湯は無色透明、吸い込みバリバリ作動の半循環。こちらも内湯同様に弱カルキ臭がする。

サウナ横に10人弱サイズの浴槽がある。ここが一番に湯が良い。36-37℃で温めだが、源泉そのまんまかとも思ってしまう。サウナ上がりに利用する浴槽なのかも知れない。
(08年1月)

(三昧)



男鹿川に沿って建つ豪華系大型観光旅館です。こちらも他所の川治のお宿同様、立寄りでも快く受付けてくださいました。川治は全体的に接客の印象いいです。さて、館内には男女別に大浴場があり、それぞれ豪華な内湯&露天風呂があります。

脱衣所を抜けると先ずは内湯ですが、扉を開けた瞬間、塩素臭がプーン。ただしこれは、多くの人が利用する関東圏の大型旅館なので仕方ない事でしょう。使い勝手のいいシャワーの並んだ浴室に20人弱入られそうな長方形浴槽がひとつ。数本の打たせも設置された浴槽からは、循環表示はあるものの、全面から溢れ出しも見られます。無色透明の湯は適温、弱トロミがあり、塩素臭が漂います。

続く露天風呂には、サウナ+10人弱の四角い浴槽があり、温めの無色透明湯が満たされています。ここは塩素臭なく、湯の肌触りは一番良いものでした。

更に続く露天風呂は男鹿沿いに造られた2〜30人サイズの大きなもので、眺めと開放感は抜群です。こちらもやはり無色透明の湯が溢れ、これまた塩素臭が漂います。ただ、なにしろ景観よく、浴槽に浸かっていると周囲の景色と一体化してしまったような不思議な感覚になってしまいました。この露天風呂の大きさにビックリした私ですが、浴後、三昧に聞いたところ「男湯はもっと大きかった」との事。

全体的に、湯使いや塩素臭という点ではマニア向けではないかもしれませんが、脱衣所〜浴室〜露天風呂と、いずれも明るく清潔感があり、年齢問わず楽しめる浴場だと思います。
(08年1月)

(まぐぞー)




男性浴室 内湯



サウナ用?浴槽



露天風呂



露天風呂は
とにかく広いんです



湯上りの休み処




お宿の玄関先では
温泉に触れられます


※女性浴室は、他にお客さんがいたので画像はありません。


はしご湯のすすめ栃木県の温泉