はしご湯のすすめ岩手県の温泉


雫石プリンスホテル 雫石プリンスホテル

岩手郡雫石町高倉温泉
TEL(019)693-1111
冬6時30分〜10時/14時〜23時まで受付
夏5時30分〜9時/13時〜23時まで受付
1000円

訪問:08年1月

雫石高倉温泉(高倉の湯)
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
58.8℃ pH=6.8 溶存物質計=4472mg
Li=1.2mg Na=1280.0(91.52) K=63.0 Mg=9.9 Ca=51.0 Fe2+Fe3=0.8 Mn=0.1 F=1.5
Cl=1340(62.20) HS=<0.5(?) SO4=4.6 HCO3=1390(37.48) CO3=0.7 Br=2.7 I=0.5
H2SiO3=253.0 HBO2=73.0 CO3=369.0 H2S=<0.5(?)
(H17.6.14)

※冬期間で気温が低い場合には温度調整のため加水(加湯)する場合もある
塩素系薬剤使用あり


早朝より訪問する。ホテル建物前にはゲレンデがすぐそこにある位置取り。スキーシーズンでしたがリフト運行時間前だったのでスキー客もまだいない。

入浴施設としては露天風呂があるのみで内湯は無い。温泉はその露天風呂に利用している。屋根掛けされた半露天風呂で長方形20人サイズの広さがあります。褐色系の湯色、弱塩味に甘味があります。また鼻にツンとくる揮発系の臭いを感じるのも特徴的。43℃に調整された温泉はなんと掛け流されていました。温泉利用状況に該当があった塩素臭は全くといっていいほど感じない。雪降るなかの雪見風呂となりました。
(08年1月)

(三昧)



スキーゲレンデのすぐ横にある大型観光ホテルです。おそらく一年でもっとも繁忙期であろうお正月に訪問しましたが快く受付けていただけました。(内心、立寄りは断られるかとドキドキしていた。プリンスさん、ありがとうー ^ ^ ;)

さて浴室ですが、男女別に露天風呂がひとつづつあります。大型ホテルらしく清掃の行き届いた綺麗な脱衣所を出ると、まずはズラリとカランの並ぶシャワールームです。まずはここで体を洗ってから露天風呂へ・・という具合のようです。

続く露天風呂は20人は入られる長方形。目の前に鯉が泳ぐ広々とした池があり開放感あります。湯口は浴槽の端二箇所にあり、熱い源泉が滔々と流し込まれていました。訪問時はちょっと周囲が暗かったので、湯の色がハッキリ見えなかったのですが、おそらく茶褐色の濁り湯。この湯がなかなか個性的で、湯口付近ではゴムを焦がしたような臭いがプーン。ただしキツイものではなく「優しく香る」といった感じです。浴槽内でやや熱め〜適温のスベスベ浴感、湯口で一口含むと甘塩石油風味。湯浴み中は湯口付近を陣取りボーッと雪見風呂を満喫。

ところで浴槽の構造から、捨て湯は目の前の池に流れ込むんでしょうか?鯉が真冬でも元気に泳ぎまわっていたのはそのせい??
(08年1月)

(まぐぞー)




男性露天風呂


お湯


湯口


はしご湯のすすめ岩手県の温泉