はしご湯のすすめ青森県の温泉


森林浴交流センターしまだ 森林浴交流センターしまだ

南津軽郡大鰐町島田字ゾベコ沢71-1
TEL(0172)47-5095
15時〜20時/200円

訪問:07年12月

奥大鰐温泉
ナトリウム-塩化物泉
51.0℃ pH=? 溶存物質計=1027.7mg
K=58.5mg Na=292.0(84.51mv%) Ca=14.4 Mg=0.3 Fe2=1.8 Al=0.1 Mn=0.1 Cl=353.2(66.68)
SO4=120.3 HPO4=5.1 HCO3=152.4 H2SiO3=72.4 HBO2=7.2 CO2=22.0
(S41.2.7)
※加水あり、循環ろ過あり、塩素消毒あり


公共温泉施設の一つです。近隣住民の共同浴場のような位置づけの施設かも。雪降るなかにも関わらず、オープン時間になるとお客さんが駆けつけてきます。自分のような部外者でも200円にて利用可能。

ガラス張り浴室にの四角形タイル浴槽の内湯がひとつです。換気不良でモウモとした室内。湯は無色透明で弱く温泉臭がするものです。湯口より少量の源泉が浴槽へ注がれ、浴槽内にて吸い込み作動がある半循環仕様になっている。オープン時間後の間もないせいか、お湯がきれいであった。
(07年12月)

(三昧)



大鰐温泉街から少しばかり山の中に入った、静かな地区にある共同湯です。いつ造られたのかはわかりませんが、建物は比較的新しく、地区の集会所なども兼ねているようでした。大晦日の昼に訪問したのですが、新年に向けてお酒や食べ物が並んでいました。

館内には男女別の内湯があり、女性側には5人サイズのタイル浴槽がひとつあります。ごくかすかに温泉臭のする湯は適温に調整された無色透明、吸い込みと戻り湯ありの半循環、細い管から源泉と思われる激熱湯の投入も少しばかりあります。ツルツル感のある湯はクセがなく、毎日のお風呂にいい感じです。

私が入浴時も次々とお客さんが来ていたのですが、とにかくお年寄り率が高いのです。けれど、この浴槽、一応手すりなどはあるものの少々浴槽の段差が大きい。膝の悪いお婆ちゃんが出入りに難儀されていました。
(07年12月)

(まぐぞー)




男性浴室


湯口


新年の準備


はしご湯のすすめ青森県の温泉