はしご湯のすすめ秋田県の温泉


大湯温泉 川原の湯 大湯温泉 川原の湯

鹿角市十和田大湯字川原の湯
6時〜21時/150円

訪問:08年1月

川原の湯/ナトリウム-塩化物泉
69.7℃ pH=7.7 溶存物質計=1848.2mg (成分内容等は不明)
(H9.6.23)


大湯温泉にある共同浴場の一つ「川原の湯」です。実は今回の訪問までこの「川原の湯」の存在を知りませんでした。たまたま隣のお宿に立寄りした際に発見した次第です。管理人さんが常駐されており管理もきちんとされています。脱衣所には120円から150円へ値上げの案内が掲示されていました。

脱衣所から浴室へは2段〜3段の段差があり、脱衣所から見ると浴槽は見下ろす形になります。6-7人サイズのタイル張り浴槽は何の飾りもありません。塩ビパイプから激熱の源泉がコプコプと流し込まれています。加水も自由に出来る設計です。

無色透明、芒硝薬臭が香るお湯です。45℃ほどの熱めの湯でじっくりと湯に浸かることは出来ませんが、短時間の入浴でかなりホコホコです。このような低料金で利用できる共同浴場、いつまでも変わらぬ浴場でいて欲しいです。
(08年1月)

(三昧)



大湯温泉街をブラブラ散策中に目に留まった共同浴場。「あれー、ここ入った事ないねぇ」というワケで早速突入。川原の湯は、その名の通り川の近くにあり、隣には湯汲み場もある素朴な地区の共同浴場です。こちらも他所の共同浴場同様、券売機で入浴料支払い、受付マダム常駐。

女性浴場は石板の洗い場に、6人サイズの長方形タイル浴槽がひとつ。湯口より弱い芒硝臭のする激熱源泉が流し込まれています(自由加水の蛇口もあり)。無色透明の湯はギリギリとした容赦ない熱さ。こういう共同湯は浴槽内の湯をすくったり、周囲でシャンプーなどをするので泡が流れ込み、比較的湯汚れを起こしやすいのですが、ここは鮮度良好。行った時間がよかったのかも??
(08年1月)

(まぐぞー)




男性浴室



湯汲み場



温泉は地区の
大事な財産です


はしご湯のすすめ秋田県の温泉