はしご湯のすすめ新潟県の温泉


銀山平温泉 かもしかの湯 銀山平温泉 かもしかの湯

魚沼市宇津野字北ノ叉沢852-19
TEL(025)795-2448
10時〜19時/500円
冬期閉鎖、営業時期については要確認

訪問:07年10月

銀山平
アルカリ性単純温泉(Na・Ca-HCO3)
47.6℃ pH=?
Na=17.4mg(64.96mv%) K=1.2 Ca=7.7(32.48) Fe2=0.1 F=1.6 Cl=4.5 SO4=14.8
HCO3=64.1(63.64) CO3=2.4 H2SiO3=54.3 HBO2=0.5 CO2=0.4
(H5.1.25)

※気温の低い期間のみ加温あり、循環濾過あり、塩素系薬剤使用あり


福島県側より移動中に看板を目にして気になって立寄る。キャンプ場管理棟の中にあり、キャンプ場利用者はもちろん通りすがりの立寄りも可能の施設です。入浴施設としては屋根がけされた男女別半露天風呂のみで内湯はありません。おまけ的な存在で足湯もありました。

六角の変形浴槽は御影石造り。露天風呂といっても周囲は囲いがされていて半露天というべきか。露天風呂そのものを期待していくと拍子抜けします。湯は無色透明、ほぼ無味無臭。浴槽内に強力な吸い込みがあり、ハードな循環濾過仕様。湯口より源泉と思われる湯が20L/minほど投入。その分の溢れ出しもあるので、源泉投入あり循環ありの半循環といったとこでしょう。特にお湯がどうこうといったものでもありません。しかし施設は清潔感があり、万人向け。
(07年10月)

(三昧)



奥只見湖近くにあるキャンプ場内の温泉です。この辺りはまったくの未湯の上、温泉に関する情報にも疎いので「どれどれ」と立寄ってみました。キャンプ場管理棟で受付を済ませ早速別棟の湯小屋へ。

湯小屋内には男女別に半露天風呂がひとつづつあり、女性側は4〜5人サイズの亀甲のような浴槽となっています。洗い場には使い勝手のよいシャワーもあるのですが、なにしろ半露天なので秋の訪問時は相当寒い。震えながら体を洗って浴槽へと浸かりました。

肝心の湯ですが、塩素臭漂う無色透明湯が満たされています。浴槽からの溢れ出しもあるのですが、吸い込みと吐き出しもバリバリ稼動。ただ、浴槽上部から流し込まれる湯は塩素臭を感じなかったので、たぶんコレが源泉かもしれません。また、半露天という造りですが、周囲を白い幕のようなもので囲われて景色はよく見えません。コレは何か虫除けかな?
(07年10月)

(まぐぞー)




管理棟


温泉棟


男性浴室


はしご湯のすすめ新潟県の温泉