はしご湯のすすめ青森県の温泉


大鰐温泉 河鹿荘 大鰐温泉 河鹿荘

南津軽郡大鰐町大字大鰐字大鰐88-4
TEL(0172)48-2339
立寄り時間要問合せ/200円

訪問:07年8月

統合泉(石原源泉・青柳3号源泉・赤湯2号源泉・植田2号源泉)/ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉/68.4℃ pH=7.1 溶存物質計=2431mg Na=641.5mg(72.75mv%) K=37.4 NH4=0.5 Mg=6.3 Ca=174.6(22.71) Mn=0.2 Fe2=0.1 Li=1.5 F=2.7 Cl=906.6(69.24) Br=1.8 I=0.1 SO4=425.7(23.99) HPO4=0.1 HCO3=119.3 CO3=11.4 H2SiO3=77.0 HBO2=24.3 CO3=7.8 (H14.12.24)


内湯を持ち、夜間まで立寄りを受付けている温泉民宿です。訪問時は男女どちらかを貸切で利用して下さい、との事。当日は女湯を貸切で利用させていただいた。浴室には2-3人サイズの丸タイル張りの浴槽が一つあるだけの造り。それにしても脱衣所及び浴室内は、熱気によりちょっとしたサウナ状態になっていてかなり不快指数が高い。しかも真夏にもかかわらず、床暖房が施されていてダブルパンチ状態です。

無色透明、弱塩味、芒硝薬臭が香る大鰐の湯が浴槽に満たされています。しばらくの間、誰も入湯客が居なかったせいか激熱の湯船。仕方無しにしばらくの間、湯桶を片手に湯もみ。湯汚れ無し、鮮度に良い掛け流し湯が味わえたのは結構なのですが、なんせ湯上がり後の汗が引かず一苦労してしまいました。
(07年8月)

(三昧)


大鰐温泉街の川沿いにある温泉民宿です。こぢんまりとしたお宿で、一見すると民家にも見えなくありません。浴室は内湯が二箇所あり、一方を貸切利用させていただきました。

浴室には2〜3人サイズのタイル浴槽がひとつ。とても綺麗に澄んだ無色透明湯が注がれ、大鰐ならではの芒硝臭に満ちています。浴槽内に蛇口は三つあり、ひとつが出っ放し源泉、もうひとつが自由投入源泉、そしてもうひとつが加水用の蛇口。訪問時はあまり利用客がなかったのか、激熱源泉がサラサラと浴槽から溢れ、湯汚れとは無縁の状態。ここまで綺麗な状態の湯に加水するにはもったいなく必死に湯揉み。おかげで弱塩気のトロミとキシキシの混在する湯をたっぷり満喫できました。・・・が、この河鹿荘、浴室や脱衣所がオソロシク蒸し、おまけに床暖房稼動、これが真夏の湯浴みには相当キツかった( ^ ^ ;)
(07年8月)

(まぐぞー)



こぢんまりとした浴室




三つ並んだ蛇口




源泉蛇口の上には
「この蛇口ノータッチ
訳・ちょすな!」と書かれている


はしご湯のすすめ青森県の温泉