はしご湯のすすめ青森県の温泉


老人福祉センター 瑞風園 老人福祉センター 瑞風園

弘前市大字高杉字神原93-2
TEL(0172)95-3535
4月〜10月/10時〜20時
11月〜3月/10時〜17時
250円

訪問:07年8月

神原温泉
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
39.8℃ pH=7.8 溶存物質計=1040.7mg
Na=269.1mg(89.52mv%) K=16.1 NH4=1.0 Mg=3.1 Ca=12.6 Al=0.1
F=0.5 Cl=352.9(73.65) Br=0.1 I=0.6 SO4=11.7 HPO4=0.1
HCO3=194.4(23.61) CO3=3.0 H2SiO3=105.9 HBO2=69.5 CO2=8.8
(2006.1.5)


弘前市内にある老人福祉センターの一つ。ここの施設も温泉を利用、一般利用も可能という事なので立寄る。長方形の8人サイズのタイル浴槽が男女浴室にそれぞれに配置されている。小さな円形の色模様付きタイルを使用、浴槽底に見た目の飾りがあります。

浴槽前面側より、オーバーフローする湯がドンドコ溢れ出ているのがわかるほどの湯量。源泉は浴槽底部よりの直接注入もあってか、湯の鮮度が大変に良いものとなっている。わずかに黄色がかった透明湯、弱タマゴ臭。とろみ感があり、肌にまったりとした感触の優しい浴感の湯であります。40℃の温めから適温の温度が、更に利用者を満足させているのかも知れません。

特筆すべきはアワ付きの良さです。浸かっていると体への細かいアワつきが確認できます。その効果によるスルスルすべすべ感があり、体を摩るのが楽しいほどです。
(07年8月)

(三昧)



老人福祉センター内にある温泉浴室です。ありがたい事に一般にも開放してくださっているとの事で訪問してみました。いかにも公共施設といった建物内には男女別浴室がひとつづつ。女性側には7〜8人サイズの長方形浴槽がひとつあり、サラサラと湯が溢れ出ています。

とても綺麗に澄んだほぼ無色透明湯は、浴槽底より直注入。タマゴっぽいような、なんとも良い温泉臭がプーンと漂います。熱くなく、ぬるくなく、泡付きも多い癒し湯で、その溢れ出しと澄んだ流れを見ていると、なんだか清流にでも浸かっているかのような気分。同浴のお婆ちゃんも同じ印象だったらしく、「このお湯を見ていたら、子供の頃、このすぐ近くにあった川でこっそり泳いだ事を思いだした・・」と昔話を話してくださいました。

なんでもお婆ちゃん、子供の頃は川で遊ぶ事を禁止されていたけれど、こっそり友達と泳ぎに行って、誤って着物を濡らして親にバレて怒られたのだそうな。お風呂に頻繁に入れない時代で、川に入るとシラミを落としたりできて、とても気持ちよかったとの事。そんなお婆ちゃんの話を聞きつつノンビリ長湯を楽しみました。
(07年8月)

(まぐぞー)




男性浴槽


女性浴室


溢れ出し


はしご湯のすすめ青森県の温泉