はしご湯のすすめ群馬県の温泉


伊香保温泉 青山旅館 伊香保温泉 青山旅館

渋川市伊香保町伊香保47
TEL(0279)72-3300
立寄り時間要確認/500円

訪問:07年7月

本線(混合泉)
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素・塩化物泉
40.9℃ pH=6.4 3300L/min 溶存物質計=1180mg
Na=105mg(30.99mv%) K=10.2 Mg=29.5 Ca=14.2(48.29) Fe2=8.2 Mn=1.4 F=0.3
Cl=118(23.42) SO4=301(44.06) HCO3=282(32.42) H2SiO3=177 HBO2=7.7 CO2=98.6
(H9.7.18)
※季節に応じて加温あり


こちらのお宿も伊香保石段街にほど近い場所に軒を並べるお宿の一つです。立寄り可能という情報があったので、伊香保初心者は飛びついて訪問してみました。裏路地にある少々くたびれた旅館の印象。利用源泉はやはり濁り湯である本線を引き湯しています。

浴室には仕切りにて二つに分けられた浴槽がありますが、片方は木蓋がしてあり使用されていません。お湯が張られているのは片方の浴槽のみです。変形の石板浴槽は5-6人サイズの広さがあります。湯口の塩ビより浴槽内に湯が注入、浴槽端の切り込みよりなかなかの溢れ出しがあります。源泉は浴槽内に注入されているので直接は口に含めませんでしたが、湯口周辺の湯では弱金気風味、ほんのり甘ったる風味があります。薄黄褐色濁りの湯はキシキシ浴感です。湯口では時々加温された湯が出ています。夏場の訪問でしたが、夏場でも加温しているようです。難点は脱衣場がちょっとカビ臭い事かな。
(07年7月)

(三昧)



伊香保温泉の石段街中程にある温泉旅館です。周囲は土産物店や飲食店が並び、まさに伊香保中核のど真ん中といった立地です。お宿は昭和を引きずるやや古びた印象の観光旅館で、忙しい土曜日の夕方でしたが、立寄りを伺うと快く迎え入れてくださいました。

浴室は男女別に内湯があり、それぞれ少し造りが違うようです。男女入れ替え制かは不明。訪問時女性用だった浴室には5人サイズ浴槽がひとつ。湯口よりやや熱めに加熱された湯が注ぎ込まれ、浴槽内で適温の黄土濁り。キシキシ浴感の湯は底に鉄錆色の湯花が沈殿するもの。やはり加熱が影響してか、ここより引き湯距離が長い観山荘と大差ない湯の印象。浴室の湯気篭りが多く、脱衣所がカビ臭くなってしまうのが少々難点。浴後はタオルが薄茶色に染まるのは、「本泉」ならではの御愛嬌です。
(07年7月)

(まぐぞー)




男性浴室


女性浴室


女性湯口


はしご湯のすすめ群馬県の温泉