はしご湯のすすめ岐阜県の温泉


新穂高温泉 深山荘
新穂高温泉 深山荘

高山市奥飛騨温泉郷神坂720
TEL(0578)9-2031
8時〜17時、18時〜22時/300円

訪問:03年7月



北アルプスの登山拠点、新穂高温泉にあるお宿です。外観はロッジ風の山小屋です。立ち寄りは露天風呂のみ可能。あとになって内湯を見学させて貰えばよかったなどと思ったが後の祭り。なので分析書確認できず。

さて露天風呂ですが川沿いにあってワイルドな雰囲気で開放感は抜群。露天風呂大好き人には満足いくものでしょう。浴槽は岩風呂となっていて3つあります。二つは男性専用となっていて女性専用風呂に近い浴槽は混浴。他に女性専用風呂あり。湯は無色透明、白や黒の細かい溶きたまご状の湯華が舞っています。それぞれの浴槽温度はそれぞれ40〜43℃くらいかな。お宿、露天風呂の周囲には源泉ポンプが数カ所ありました。湯量は十分にあるようです。言う間でも無く当然かけ流し。
(03年7月)

(三昧)


以前より川沿いの露天風呂で有名な「深山荘」に立ち寄り入浴しました。まずは、脱衣の為女性用露天風呂へ。こちらはサイズが小さくグルリと塀に囲まれているので、何の眺望もありません。ただし、浴槽が小さいって事もあってか、お湯はココが一番印象的。細かな白と黒の湯花が大量に舞うもので、自分が「ときタマゴスープ」の具になったような気分になります。

ここで私は衝撃シーンに出くわした。下の混浴風呂から中年女性3人組が戻って来たのですが、何か変。「???」と見てみると、なんとマダム達は揃いも揃って下着のパンツをはいたまま入浴していたのであります。いやー、混浴が恥ずかしいからって、それはヤバイっす。しかも、パンツは湯で濡れてスケスケで、すげー卑猥。勘弁してくれ。

さて、そんなマダムに驚愕しつつ、次は名物の川沿い混浴露天風呂へ。女性露天風呂から裸のまま移動できます。幸い先客もなく、広々露天風呂は開放感バツグン。ここへ小さい子供を連れて来たら喜びそう。ただし、あまりの広さと開放感で、湯を楽しむというよりは、ロケーションを楽しむといった感じでしょうかね?湯は無色透明、中にチラホラと細かな湯花が漂うもの。

さて、混浴露天風呂から再び女性露天風呂へ戻る途中、正面の景色を見てハッとなった。先程は気が付かなかったけれど、なんと、通路の前にドーンと宿泊棟があるのです。タオルで前は隠し安心していたけれど、もしかして旅館の方からケツが丸見えだった??

立ち寄り入浴の場合、内風呂の利用は出来ません。宿泊者のみに開放する隠しダマが気になるトコロです。
(03年7月)

(まぐぞー)



川沿いの露天風呂
川に面して清々しい


露天風呂天国の深山荘



傘付きの露天風呂もあり




深山荘へは吊り橋を渡って行く


敷地内には源泉ポンプが数カ所


はしご湯のすすめ岐阜県の温泉