はしご湯のすすめ栃木県の温泉


平家平温泉 こまゆみの里 平家平温泉 こまゆみの里

日光市川俣646-1
TEL(0288)96-0321
立寄り時間要問合せ/500円
※昼間の2時間程しか立寄りを受付けていません

訪問:07年5月

■奥鬼18.25.43.48混合泉(露天風呂と内湯に掲示)/ナトリウム-塩化物泉
44.0℃ pH=6.2 349L/min(掘削自噴) 溶存物質計=1458mg
■まゆみの湯(内湯に掲示)/含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(硫化水素型)
53.1℃ pH=6.6 73L/min(掘削自噴) 溶存物質計=1481mg

→各、詳しい成分内容は、このページの一番下


奥鬼怒の噴泉塔および周辺にある野湯遊びを満喫した帰りに、汗を流そうと立寄る。「こまゆみの里」は立寄り可能時間帯が短めでしたが、運良く時間が合って立寄りできた次第。

混浴露天風呂と女性専用露天風呂、それ以外にも別棟の男女別内湯があります。混浴露天風呂は10人サイズのとても開放感がある露天岩風呂といった印象です。その他に「栃の木」製の一人用丸太風呂が3槽あります。その一つからは鬼怒川を眺めることができ眺望はまずまず、と言ったところ。湯は無色透明、細かい黄白色の湯華が湯中を漂います。弱く香る焦げタマゴ臭がこちらを刺激してきます。ここでは一人用の丸太風呂がいいです。オーバーフローして入湯客を待ちわびているかのような状況です。そこに体をドブンと、、、。ザブンザブンと大量の湯が溢れ出しての掛け流し。なんて贅沢な丸太風呂なんでしょう。湯上がり後は、長々とポカポカが続きました。

内湯は露天風呂からは一度着替えてからでないと利用する事ができません。変形の扇形タイル浴槽が内湯として一つあります。浴槽一角には「熱い湯」と掲示され、木板で仕切られたスペースがあります。ここは46℃の設定になっていて、湯口より47℃の源泉を50-60L/minほど投入。鮮度の良いお湯は無色透明、黄白の湯華が湯中を少量のみ舞っています。普通浴槽(42℃)には熱湯槽以上に湯華が漂います。浴槽縁の一部より溢れ出しての掛け流し。浴室中には弱金気風味、焦げタマゴ臭、お湯からもほんのり香ります。浴室内の換気が非常に良好で居心地が良く、蒸気こもり&ムレムレなどは一切ありません。
(07年5月)

(三昧)



奥鬼怒「噴泉塔」野湯巡りの後に立寄ったお宿。鬼怒川沿いの自然豊かな地にたつウッディな旅館です。館内には露天風呂と内湯があり、それぞれ離れた場所にあります。まずは長い廊下を進んだ先にある露天風呂へ。

露天風呂は混浴と女性用とがあり、それぞれ造りが異なります。せっかくなので両方入ってみる事に。まずは女性露天風呂へ。鬼怒川と緑深い景色を見渡す眺めの良い位置に3人サイズの素朴な長方形木造浴槽と、一人用樽風呂が二つ置かれています。いずれの浴槽にもやや熱めの湯がなみなみと注ぎ込まれ、そっと浸かるとザバーン!と豪快な溢れ出し。思わず鬼怒川に向かって雄叫びをあげたくなってしまうような爽快感です。三つの浴槽は投入量により湯温を調整され、長方形浴槽とその隣の樽風呂が「やや熱め」、一番端の樽風呂が「適温」となっていました。肝心の湯は透明な中に無数の白湯花が漂うもの。つるスベ浴感の焦げタマゴ臭に芒哨系薬味。噴泉塔界隈の湯の薬味を弱くしたようなイメージです。このような小浴槽の掛け流しなので鮮度は良好ですが、そのぶん湯温は少々熱く、長湯は厳しい感じ。

続いて女性露天風呂から扉を開けて裸移動可能な混浴露天風呂へ。こちらには10人サイズの石造り露天風呂と、それを囲むように三つの樽風呂が並んでいます。女性側で鮮度のいい豪快溢れ出しを楽しんだ後の石風呂はイマイチ鮮度感に欠けましたが、樽風呂はこちらでも鮮度抜群のザバーッと溢れ出しを存分に楽しめます。

続いて館内の内風呂へ。こちらは扇形の浴槽が源泉投入口のある激熱の奥部分と、流れ込みによる適温の手前部分とに仕切られている二槽タイプ。奥が2人サイズ、手前で7人サイズ。適温槽は流れ込みという事もあり、やや「湯なまり気味」。こまゆみの里では露天風呂の方が良い印象でした。この他に、内湯の隣に謎の露天風呂らしき所もありましたが、そちらは入浴不可。もしかして、宿泊者専用かも??
(07年5月)

(まぐぞー)




混浴露天風呂全景



混浴岩風呂



岩風呂湯口



混浴樽風呂その1


その2


その3



女性露天風呂全景



浴槽が三つ並んでいます



鮮度良好の熱湯



女性樽風呂


男性内湯


湯口と熱湯部分



手前の適温部分


女性内湯


湯口と熱湯部分


■奥鬼18.25.43.48混合泉(露天風呂と内湯に掲示)
ナトリウム-塩化物泉
44.0℃ pH=6.2 349L/min(掘削自噴) 溶存物質計=1458mg
Na=356.2mg(86.71mv%) K=18.8 Ca=35.4 Mg=1.3 Mn=0.5 F=1.4 Cl=502.3(79.30) SO4=25.8
HCO3=186.9 Br=1.9 HAsO2=0.5 H2SiO3=279.6 HBO2=46.8 CO2=197.8 H2S=0.3
(H13.7.5)

■まゆみの湯(内湯に掲示)
含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(硫化水素型)
53.1℃ pH=6.6 73L/min(掘削自噴) 溶存物質計=1481mg
Na=434.4mg(90.65mv%) K=17.3 Ca=28.3 Mg=0.5 Al=0.4 Mn=0.5 Fe2=0.1 F=2.0
Cl=624.2(84.06) HS=0.5 S2O3=1.8 SO4=19.9 HCO3=168.9 HASO2=0.4 H2SiO3=120.2
HBO2=60.9 CO2=146.0 H2S=1.7
(S63.7.25)


はしご湯のすすめ栃木県の温泉