はしご湯のすすめ青森県の温泉


温湯温泉 山賊館 温湯温泉 山賊館

黒石市大字温湯字鶴泉61
TEL(0172)54-8421
立寄り時間要問合せ/150円

訪問:07年1月

3号泉
含芒硝-弱食塩泉
60.0℃ pH=7.6 500L/min 総計=1239mg
K=2.9mg Na=382.7(91.96mv%) NH4=0.3 Ca=24.7 Mg=1.4 F=0.8 Cl=404.0(63.00)
SO4=223.3(25.71) HCO3=121.6 H2SiO3=61.0 H2BO2=16.2
(S50.10.22)


飯塚旅館に隣接するお宿です。立寄りは共同浴場より安い150円で利用可能です。御主人の話で、温湯地区の一般家庭にも温泉が配湯されているのを知る。うーん。うらやましいなー。

浴室にはごく一般的な長方形タイル浴槽が一つあり、5人サイズの広さがあります。面白いのは湯口です。お宿の名前の山賊をモチーフにした湯口で、源泉が山賊の口から出でくるように造られています。立寄り利用客が多い上に湯口47℃の源泉を少量のみの投入のせいもあってか、いまいち浴槽湯の鮮度感に欠けます。43-44℃のお湯は湯なまりによる薄っすらと白濁り。弱塩味のキシキシ浴感、湯口にて石膏タマゴ風味の香りが漂うものです。
(07年1月)

(三昧)



宿泊した飯塚旅館のすぐお隣にあるお宿です。外観は新しい印象ですが、館内はやや年季が入っています。立寄りを伺うと快く迎え入れてくださいました。館内には比較的広さのある内湯浴室が二つあり、男女別となっています。浴室は、壁、洗い場、浴槽ともにタイルばり。6人サイズの台形浴槽がひとつあり、モザイク画の山賊の口から湯が投入されています。

源泉は湯口でやや熱めの透明。生臭系硫黄臭がほんのり漂うスベスベ弱キシ湯。口に含むと弱い塩気と石膏風味。浴槽サイズにしてはやや湯の投入が少ない印象で、浴槽の構造上、表面の新鮮な湯ばかり流れ出て底に古い湯が停滞してしまいます。その為か少々湯汚れも。ただ今回は立寄り客の多い時間帯に訪問してしまったので、もっと別の時間帯に行けば湯の状態も違ったかも。なんにしても150円で立寄り可とは嬉しい料金設定です。
(07年1月)

(まぐぞー)




男性浴室


女性浴室


男女とも山賊の湯口


はしご湯のすすめ青森県の温泉