はしご湯のすすめ青森県の温泉


大鰐温泉 青柳会館 大鰐温泉 青柳会館

南津軽郡大鰐町大字大鰐字湯野川原27-2
TEL(0172)48-4002
6時〜21時/150円
※公式HPには200円とありますが、
現地にて「150円」と言われたので真相は??
22日休み(日曜日は営業、ただし別途振替休日あり)

訪問:07年1月

統合泉(石原源泉・青柳3号源泉・赤湯2号源泉・植田2号源泉)/ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉/68.4℃ pH=7.1 溶存物質計=2431mg Na=641.5mg(72.75mv%) K=37.4 NH4=0.5 Mg=6.3 Ca=174.6(22.71) Mn=0.2 Fe2=0.1 Li=1.5 F=2.7 Cl=906.6(69.24) Br=1.8 I=0.1 SO4=425.7(23.99) HPO4=0.1 HCO3=119.3 CO3=11.4 H2SiO3=77.0 HBO2=24.3 CO3=7.8 (H14.12.24)/※加水あり


大鰐温泉の公衆浴場の一つです。川沿いにあり3階建ての建物に「公衆浴場・青柳会館」の看板が目印です。駐車場も数台分あるので利用しやすい施設です。自販機で利用券を販売している仕組み。

やや熱気が充満気味の浴室。大鰐の公衆浴場にしては比較的浴槽が広く、10人ほどは入れそうな広さがあります。脱衣所の床暖房が心地よく、これは温泉熱によるものなのでしょうか??源泉投入はバルブ操作による湯量調整、ホース加水による温度調整が行われています。無色透明、芒硝薬臭がするのは同源泉を利用している他の公衆浴場と同じ。45℃と熱めですが浴槽表面はそれ以上の温度があり、熱めを通り越してかなり熱いです。その為か浴槽縁でゴロリン状態のお客が数名ほど発生。サッと浸かってサッと出るお湯。
(07年1月)

(三昧)


大鰐温泉街に幾つかある共同場の中でも比較的大きな部類の浴場です。川沿いに面した建物は少々年季の入ったアパートといった外観で、館内も古びた雰囲気があり、受付周り・脱衣所・浴室ともに余裕のあるスペースとなっています。

女性浴室には10人程入られそうな大きな長方形浴槽がひとつ。源泉は浴槽内に直注入タイプで、これとは別に現在は使われていないヒツジの湯口もあります。ほぼ無色透明の湯は、既に大勢の人が浸かった後なのか湯汚れによるごく僅かな白濁りが発生し、加えてホースによる加水も多く、全体的に「ダレた」印象を受けました。それでも浴槽内は熱めで、弱い塩気と芒哨臭を感じます。昔ながらの公衆浴場といった感じで、利用客も多いようでした。
(07年1月)

(まぐぞー)



男性浴室


はしご湯のすすめ青森県の温泉