はしご湯のすすめ秋田県の温泉


旧御宿の温泉 旧御宿の温泉

家人の都合の良い時間に限る
200円

訪問:06年12月

「厳なるジモ専ジカ専はアップしない」を基本としていますが、こちらの温泉は料金制で外来も受付ていただける点でアップさせていただきました。ただし、あくまでも自家用ですので、詳しい場所や外観、名前の露出はできません。今回、青ちゃんの御紹介にて訪問させていただいたという経緯もありますので、当然ながら質問にもお答えできません。


以前は旅館として営業していたが今では宿としての営業はしていない。家人の都合の良い時に限り厚意にて受付けていただける施設。訪問時は年の瀬の忙しい最中、快く迎え入れて頂き感謝であります。先ず居間にて本格的な甘みを持つ緑茶を頂きました。このお茶、美味しかったなー。

築100年の建物は廊下、格子窓に味わい深いものを感じます。脱衣所は廊下を進んだ最奥にあり、そこから階段で数段下に進んだところに浴槽があります。8畳間ほどの浴室は湯気が充満しており写真撮影にはちょいキツイ状況。源泉は二本利用してると言う事だ。

浴槽は二つあり、どちらも自然岩を掘って浴槽にした感じがある。1-2人サイズの小さめ浴槽は塩ビ管より47℃の源泉を10L/min程度の投入、浴槽内は45.5℃に調整してある。熱めの湯は無色透明、とろみ感ある肌触り良好なもの。ちょいきしむ浴感があり、タマゴ臭に石膏臭が重なる。湯中には白や茶系のカスのようなものが漂います。溢れ出しは全量がもう一つの浴槽へ切り込みを通じて流れ込む仕組みになっています。

そのもう片方の浴槽は4人サイズの正方形のもので、こちらは岩風呂底部よりプクプクブツブツとお湯が自然湧出しています。浴槽は40℃のぬるめ、無色透明、タマゴ臭に石膏臭、ほんのり塩味を感じるものです。長湯タイプのお湯ですが、結構後から湯疲れ感が来そうでもあります。

帰りにはリンゴのお土産付き、しかもお見送りまでして頂いてしまいなんとも申し訳ない。かなり気に入った温泉です。
(06年12月)

(三昧)



以前温泉宿だったお宅の浴室を、家主さんの御厚意で利用させていただきました。ここは一部温泉マニアの間では有名なようですが、大々的に立寄りを受付ているワケでも、土産店や飲食店を併設でもなく、本当に一般のお宅の自家用風呂へお邪魔する、という形になりますので、ネットでの扱いは、より慎重にしなくてはいけません。

お邪魔すると、ハキハキとした奥さんが明るい笑顔で迎え入れてくださいました。まずは居間に通され、お茶やミカンを御馳走に。この時いただいたお茶が大変美味しく感動しました。そしてお次はいよいよお待ちかねの浴室へ。古びた廊下をギシギシ進むと、途中に炊事場や客室が見え、いつ湯治宿としてオープンしてもいい感じがします。

浴室は階段を下った先、ちょっと半地下風の所にありました。浴室の扉を開けると「ムアッ」と湯気がたちこめ、湿気が凄いのです。浴室の壁はまるで岩を掘ったようにゴツゴツとし、洞窟風呂と称したくなるような風情があります。岩には苔やシダのような植物が生え、奥さんによると「5月にはフキの花も咲きますよ」との事。

浴室には大小ふたつの浴槽があり、どちらも自然の岩盤をくり貫いたような素朴な造りです。片方が詰めて2人サイズ、もう片方が4人サイズの四角い浴槽となっています。小浴槽は外からの引き湯との事で、やや硬い浴感の熱めの無色透明が溢れています。薄茶色のカス状のモノがたくさん漂う湯は、ダシ薄塩+タマゴ風味があり、石膏臭も仄かに漂います。

そして大浴槽ですが、なんとコチラ、贅沢な足元湧出なのです。4人サイズの浴槽に「ぬるめ」の無色透明湯が溢れ、底の白くなっている部分からプクプクと静かに湯が湧出しているのが見えます。程よい「ぬる湯」は泡付きもあり、ホワ〜っと癒され感絶大。小浴槽から熱湯の流れ込みもありますが、「ぬる湯率」が高いので足元湧出湯の特徴が消される事はありません。ここでは時間を忘れて思わず長湯でまったりとしてしまいました。洞窟のようなロケーションといい、上品で鮮度の良い湯といい、この足元湧出湯は北東北でもトップクラスの名湯ではないでしょうか。

お宅は先代さんが旅館を営んでいたそうですが、現在は口コミで訪問した方にのみ、お風呂を開放する形をとられているのだそうです。ただ、最近はフリーペーパーやネットでの露出が多く、「御近所で営業される旅館さんより目立ってしまうのは・・」と、予想外の人気振りに少々困惑の御様子でした。奥さんはとても優しく、訪問者を快く迎え入れてくださいます。ただ、それだけに、無作法な訪問によって生活を乱すような事があってはいけないな・・と感じました。帰り際には「また来てくださいね」と仰っていただき、なんとリンゴのお土産までいただいてしまいました。本来ならお邪魔するこちらがお土産を持参するべきでしたが・・。優しいお心遣いに感謝、感謝です。
(06年12月)

(まぐぞー)




階段の下にある浴室



小浴槽には
熱い湯が溢れる



小浴槽から大浴槽への
流れ込み



足元湧出の大浴槽



壁にはたくさんの植物
真冬でもココだけは常夏


頂戴したリンゴとお手製栞



はしご湯のすすめ秋田県の温泉