はしご湯のすすめ青森県の温泉


大鰐温泉 茶臼湯 大鰐温泉 茶臼湯

南津軽郡大鰐町
6時〜10時、15時〜21時/150円

訪問:07年1月

統合泉(石原源泉・青柳3号源泉・赤湯2号源泉・植田2号源泉)/ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉/68.4℃ pH=7.1 溶存物質計=2431mg Na=641.5mg(72.75mv%) K=37.4 NH4=0.5 Mg=6.3 Ca=174.6(22.71) Mn=0.2 Fe2=0.1 Li=1.5 F=2.7 Cl=906.6(69.24) Br=1.8 I=0.1 SO4=425.7(23.99) HPO4=0.1 HCO3=119.3 CO3=11.4 H2SiO3=77.0 HBO2=24.3 CO3=7.8 (H14.12.24)/※加水あり


大鰐温泉にある公衆浴場の一つである茶臼湯。管理人さんも常駐していておばちゃんが番台役。脱衣所の利用源泉を確認して浴室に向かう。湯気がムンムンとする浴室ですが、どうしても冬場は仕方がありません。画像も湯気が目立ち満足には程遠いものです。

浴室中央には5-6人サイズの正方形タイル浴槽が一つ。湯船脇に蛇口が二つ並んでいて、それぞれの蛇口からは温泉&水が出るようになっています。利用者で自由に調整するようです。源泉蛇口からは65℃の湯が浴槽へ注がれていて、おかげで浴槽47℃と激熱。仕方ないので少々加水した上で湯浴みさせていただく。無色透明、弱塩味にほなかな甘味。当然、掛け流し。日々のお風呂に最適かと思う。10-15時の間は営業していないので注意。
(07年1月)

(三昧)


大鰐温泉街の住宅地にある小さな共同浴場です。観光要素は一切なく、地元民の為の浴場といった趣。看板がなければ民家にも見える建物です。小さいながら受付は番台形式で、浴室は男女別にシンプルな四角いタイル浴槽がひとつづつ。

5人サイズ浴槽に蛇口より熱い源泉が投入され、同時に水も注がれています。無色透明やや熱めの湯は塩気のある温まり湯ですが、同浴の御婦人によると「朝はぬる湯好きの人が多いから、たくさん加水されちゃったのよ」との事。確かに他所の大鰐の共同浴場と比べると、ややお湯はダレた印象。それでも浴後はポッカポカ。さすが大鰐温泉です。
(07年1月)

(まぐぞー)



男性浴室


かわいい足拭きマット


はしご湯のすすめ青森県の温泉