はしご湯のすすめ秋田県の温泉


夏瀬温泉 都わすれ 夏瀬温泉 都わすれ

仙北市田沢湖卒田字夏瀬84
TEL(0187)44-2220
立寄り時間要問合せ/500円

訪問:06年9月

夏瀬温泉
ナトリウム-硫酸塩泉
(掲示は↑ですが、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉の誤りでしょう)
41.0℃ pH=8.1 113.6L/min(動力) 溶存物質計=1690mg
Na=230.7mg(42.32mv%) K=5.0 NH4=0.2 Mg-1.6 Ca=182.5(38.44) Sr=0.8 Ba=293.5
F=3.0 Cl=85.2 SO4=89.2(84.72) HCO3=29.0 H2SiO3=46.8 CO2=3.3
(H16.10.4)
※冬季は加温あり


乳頭温泉郷「妙の湯」の姉妹館にあたるお宿。国道から脇道に入ってからお宿までのアプローチが一癖ある。途中からダートになり砂利を巻き上げながらの走行が5-6kほど続く。看板が視界に入り、駐車場に到着。妙の湯の経営というのもあってかキレイでお洒落系の外観です。立寄りでは男女別内湯を備える「桃源郷」と呼ばれる独立した湯小屋を利用可能。そのほかに別料金にて貸切の露天風呂も一つある。また、宿泊者専用として全部屋に掛け流しの露天風呂も備えている。

訪問時はもちろん「桃源郷」を利用。男女別内湯があり、「適温」&「ぬるめ」と表示された浴槽がある。浴室内に1.8×2mサイズ、木とコンクリをブレンドして造られた浴槽が二つ横並びに配置されている。それぞれの浴槽隅には湯口として利用されている水道蛇口があり、投入量により温度差を付けてある。湯口では46℃もあるので加温利用なのでしょう。無色透明、ややとろみ感、肌にまったりタイプの温泉である。蛇口からの投入は5L/minほどで、立寄り客が多い日などは鮮度不足に陥りやすい湯使いです。実際に湯に鮮度感はない状況でした。適温41℃、ぬるめ浴槽38℃に調整。浴舎・浴室・脱衣所など全て木を多用しており、暖かな雰囲気を持つお宿です。
(06年9月)

(三昧)



角館の武家屋敷とセット観光の定番「抱返り渓谷」近くにある温泉旅館です。木々に囲まれた細いダート道をしばらく進んで辿りつきます。伊豆にでもありそうな洒落たお宿で、館内はデザイナーズ旅館を意識しているのかな〜という雰囲気もありましたが、何かこう和洋折衷的な「まとまり感」のない印象も。

温泉は中庭に「桃源郷」という湯小屋があり、ここを立寄りに開放しています。湯小屋内には男女別に内湯があり、こぢんまりながら木材をふんだんに使用した温もりある浴室となっています。浴室には二つに仕切られた長方形浴槽があり、それぞれ3人程入られる大きさです。浴槽素材のベースはコンクリですが、縁と底は木造りなので冷たさはありません。

湯口より熱めの湯を投入。投入量の強弱により、片方が適温、もう片方がぬるめに調整されていました。無色透明の湯は独特の薬臭(薬剤ではなく、湯そのものの)が漂い、湯口では少しばかりのタマゴ臭も。弱トロミを感じる掛け流しでしたが、なにしろ利用客の多さに比べ投入量が少なく、湯汚れが目立ち気持ちのいい状態ではありませんでした。訪問時がたまたまだったのかもしれませんが・・。

この他に別料金で貸切露天風呂もあり、浴後に見学だけさせていただきましたが、利用者が少なかったのか、こちらはお湯が綺麗でした。
(06年9月)

(まぐぞー)




男性浴室



浴槽(男性)



湯口(男性)



女性浴室


露天風呂


都わすれ玄関


はしご湯のすすめ秋田県の温泉