はしご湯のすすめ山形県の温泉


山形うわの温泉 天神之湯 山形うわの温泉 天神之湯

山形市蔵王上野313-1
TEL(023)688-5837
4月〜10月/10時〜22時
11月〜3月/10時30分〜21時30分
通年木曜日は12時からの営業
300円

訪問:06年8月

上平源泉
ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
64.3℃ pH=7.4 蒸発残留物=2270mg
Li=0.2mg Na=523.9 K=11.7 Mg=4.3 Ca=168.8 Al=2.2 Mn=0.1 Fe2=2.8
F=3.3 Cl=27.4 Br=0.3 SO4=1310 HCO3=189.1 CO3=0.4
(H10.3.27)
※加水あり、循環ろ過あり、塩素消毒あり


蔵王から上山温泉方面に行く途中にあった温泉。表道路脇に案内ノボリがあり、施設までの道しるべになっている。完全な日帰り温泉施設で宿泊は不可能。館内は待合室、飲泉所に男女別の浴室があります。休日の訪問だったためか結構な賑わっていました。

家族連れのお客さんで大賑わいのお風呂は、内湯が無く半露天風呂のみとなっています。10人サイズのほぼ正方形の浴槽は石造り風呂?半岩風呂の造りです。半露天風呂は周囲を緑の木々に囲まれ過ぎて、少し暗い感じがしないでもない。冬場は寒そうな気がする。隅っこの岩組湯口から湯がドンドコと浴槽へ落としこまれていたが、但しそれはカルキ臭が強い湯となっていました。やや微濁する湯は鮮度が良いとは思えない湯でカルキ臭大。上がり湯も加水されている、源泉そのままが楽しめる箇所は待合所一角にある飲泉場のみ、ココだけは新鮮な金気が全面にでていて良さそうなお湯だった。山形県内でこのレベルまでのカルキ臭に出会うのはあまり無いだろう。今回たまたま夏休みの繁忙期対応策だったのかも知れない。
(06年8月)

(三昧)



蔵王温泉近くにある日帰り温泉施設。ここは随分と人気があるようで、訪問時はファミリーを中心に大賑わいでした。

館内には二箇所露天風呂があり、お客さんによると「片方が閉鎖的な暗い方で、もう片方が開放的な明るい方」との事。この二箇所は定期的に男女入替えとなるようで、訪問時は「明るい方」が女性用となっていました。

浴場は露天風呂のみで内湯はありません。カランも屋外に設置されています。メイン浴槽は10人サイズ程で、ごくわずかな濁りのある湯が満たされ、溢れ出しもそこそこあり、目の前に繁る木々を眺めたり蝉時雨を聞きながらの湯浴みはなかなかの雰囲気でした。がっ、この湯が塩素臭ムンムンでその所為かとても尖った浴感なのです。施設の方に湯使いを伺うと「循環、加水、塩素投入」との事。

メイン浴槽の他に3人サイズの小浴槽もあり「ぬるめ」となっていましたが、子供達のプール状態となっていたので落ち着かず、チャッチャッと数秒浸かっただけ。よく確認しなかったのですが、もしかしてこの小浴槽、そもそも子供用のお風呂だったかも??

館内には飲泉場もあり、ここでは一切加工無しの湯に触れる事ができました。土類風味の優しい香りがするもので、「この状態のお湯に浸かる事ができればいいのになぁ」などと思ってしまう私でした。
(06年8月)

(まぐぞー)




今回男性用だった
露天風呂


館内にある
飲泉場


玄関先では農産物が
売られていました


はしご湯のすすめ山形県の温泉