はしご湯のすすめ宮城県の温泉



青根温泉 足湯

小さな温泉街「青根温泉」にある二箇所の足湯です。ブラブラと散歩がてら巡ってみました。

停車場の湯

大湯/単純温泉(Na-HCO3・SO4)
31.1℃ pH=7.3 溶存物質計=297mg
Na=58.0mg(75.68mv%) K=4.8 Mg=1.9 Ca=10.6 F=1.2 Cl=18.7 SO4=50.4(32.92) HPO4=0.1
HCO3=94.6(48.59) H2SiO3=54.1 HBO2=3.1 HAsO2=0.1 CO2=27.5
(H13.12.26)
※全ての項目において該当無し、掛け流し

比較的目立つ場所にある、バス車庫を使った立派な足湯です。板張りの中に二つの足湯が並ぶ本格派。ぬるめ、無色透明の湯が静かに掛け流されていました。壁に貼られた昔の運賃表等もしげしげと眺めてしまった。



バス停車場の湯


無色透明、ぬるめの湯


昔の運賃表


朝日の湯

不忘の湯/ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉
49.2℃ pH=7.4 溶存物質計=1154mg
Li=0.1mg Na=269.7(75.68mv%) K=17.3 Mg=3.9 Ca=57.7(18.58) Sr=0.2 Mn=0.1 Fe2=2.0
Fe3=1.0 F=3.3 Cl=102.3(19.74) SO4=280.7(39.89) HPO4=0.2 HCO3=350.5(39.21)
H2SiO3=48.2 HBO2=17.1 HAsO2=0.4 As=0.3 CO2=54.9
(H12.8.22)
※全ての項目において該当無し、掛け流し

こちらは温泉街でも少し目立たない場所にあり、静かに寛ぐにいい感じでした。少しばかり階段を上った場所、板張りの中に二つの足湯が並んでいます。ちょっと驚いたのが、ここで利用されていた湯。画像をご覧の通り、青根温泉で馴染みの湯ではありません。笹濁りを帯びた湯は重曹味に新鮮金気、土類っぽい臭いも。足湯温度は44℃。この湯に足だけでなく肩まで浸かってみたいものです。
(06年6月)



朝日の湯


笹にごりの湯


ぜひ肩まで湯浴みしてみたい




はしご湯のすすめ宮城県の温泉
1