はしご湯のすすめ栃木県の温泉


那須湯本温泉 山丸荘 那須湯本温泉 山丸荘

那須町大字湯本34
TEL(0287)76-2855
立寄り時間要問合せ/500円

訪問:06年7月

鹿の湯・行人の湯 混合源泉
酸性・含硫黄-カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
68.4℃ pH=2.5 成分総計=1040mg
H=3.2mg Na=39.2 K=10.6 Ca=70.1 Mg=16.6 Al=7.6 Mn=1.2 Fe2=1.4 F=0.8 Cl=79.9 HSO4=2.4
SO4=398.2 H2SO4=0.3 HAsO=0.1 H2SiO3=228.3 HBO2=1.0 H2S=28.8
(H11.2.23)



那須湯本へ向かう途中、気になるお宿を見つけたので立寄ってみる。温泉マニアご用達の宿「雲海閣」の裏玄関の隣にあるお宿。鄙びた湯治宿の印象で、玄関横には「鹿の湯源泉・掛け流しの宿」の垂れ幕がある。湯本地区にある宿の一つでもある。

廊下を進んだ先に男女別の内湯がある。かなり使い込んだであろう浴槽、浴室床の古めかしいタイルが懐かしさを感じる。1.7×3mの長方形タイル浴槽も、鄙び雰囲気の味が染み出ていて良い。見事に白色半濁、タマゴ臭がプンプンするニュルすべ感ある湯。湯口の塩ビパイプはバルブ操作で湯量調整可能。ここぞとばかりにドンドコ投入の溢れ出し大量でウハウハ状態をしばし満喫する。やはり那須湯本のこの源泉は何度浸かっても飽きることはありません。ココ「山丸荘」は、かなり満足できます。
(06年7月)

(三昧)



那須湯本の中でも地味で控えめな温泉宿。玄関すぐ横には大人気の「雲海閣」湯小屋がある。あちらさんは本日も盛況のようで、湯浴み客の賑やかな喋り声が響いて来る。さて、こちら山丸荘はというと、実に静かなもの。やや古びた印象の民宿のような佇まいに、男女別内湯がひとつづつあり、訪問時は貸しきり状態での利用となりました。

女性浴槽は4人サイズのタイルばり。共同浴場などでお馴染みのバルブ湯口がいい感じです。訪問時は、湯面スレスレに突き出した排湯用のパイプがケロリン桶で塞がれ、湯が全て浴槽縁から溢れ出るようにされています。鹿の湯源泉利用の黄色味を帯びた白濁湯は、湯面からは甘ったるい臭いが立ち上るニュルスベ浴感。湯を口に含むと思わず顔を歪めるスッパ苦味。浴槽サイズに見合った源泉投入があり溢れ出しもなかなか。何気なく訪問したお宿でしたが、とても気に入りました。
(06年7月)

(まぐぞー)




男性浴室


女性浴室


湯口(女性)


はしご湯のすすめ栃木県の温泉