はしご湯のすすめ青森県の温泉


あすなろ温泉 あすなろ温泉

上北郡七戸町字笊田川久保54-1
TEL(0176)62-6472
9時〜22時/260円

訪問:06年7月

七戸桂
アルカリ性単純温泉(Na-HCO3)
46.5℃ pH=7.8 300L/min(動力) 溶存物質計=395mg
Na=52.4mg(94.61mv%) K=2.3 NH4=0.1 Mg=0.2 Ca=0.4 Al=0.1 Mn=0.1 Fe2=0.3 F=2.1
Cl=14.2(16.60) SO4=12.7 HPO4=7.3 HCO3=90.9(61.83) H2SiO3=205.4 HBO2=6.9
(S54.3.15)
※加水あり


外観をパッとみただけでは一般民家のような印象、「あすなろ温泉」という看板が掲げられている公衆浴場です。浴場内などは青森県によくあるタイプの造りとなっています。浴槽は細長の長方形型のもので二つに仕切られており、それぞれの温度が異なる設定です。ほぼ二つの浴槽の大きさは同じもので、加水と源泉投入量にて温度調整しているようです。浴槽内温度はそれぞれ44℃&43℃。薄い茶褐色透明、弱重曹味に弱薬っぽい臭い、かすかにタマゴ臭。細かい気泡が湯中を遊んでいました。つるスベの浴感、けっこうな良いつるスベ感ありです。たっぷりの掛け流し湯が楽しめますが、浴室の熱気が充満気味なのだけはいただけない。
(06年7月)

(三昧)



かなり地味な印象の温泉施設。青森県内でよく見かける「温泉銭湯」な造りですが、外観は比較的こぢんまりとしています。訪問日が平日の午前中だった為か、駐車場も館内もガランとしていて少し寂しい雰囲気。浴場はそれなりの広さがあり、長方形メイン浴槽とサウナ用水風呂が用意されています。メイン浴槽はふたつに仕切られ、それぞれ6人程が入られる大きさ。片方が適温で、もう片方がやや熱となっていました。それぞれの浴槽に湯口があり、仄かに茶がかった透明湯は、泡付きが良くその為とてもスルスベとした浴感。湯口では、かすか〜にタマゴ臭も。浴槽からの溢れ出しもまずまずで、カランも温泉利用、結構気に入りました。
(06年7月)

(まぐぞー)




男性浴場


別の角度から

※女性浴場もほぼ同じ造り


はしご湯のすすめ青森県の温泉