はしご湯のすすめ群馬県の温泉


リバートピア吉岡 リバートピア吉岡

北群馬郡吉岡町漆原1989
TEL(0279)55-4126
10時〜21時/2時間300円
毎月15日休み(土、日、祝日の場合は翌日休み)

訪問:06年2月、10年4月

よしおか温泉 船尾の湯/ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉/59.5℃ pH=7.6 成分総計=3.06g Na=945mg K=13.6 Mg=3.8 Ca=76.4 Fe2=0.4 Li=0.2 Sr=0.3 F=0.4 Cl=1279 SO4=0.2 HCO3=566 CO3=1.2 Br=4.4 H2SiO3=88.5 HBO2=70.6 CO2=13.2 (H17.4.1) ※加水あり、加温あり、循環ろ過あり、次亜塩素酸ナトリウム使用あり


今回二度目の訪問の「リバートピア吉岡」。リバートピアは道の駅併設の公共日帰り温泉センターで、入浴のみならずテニスやグラウンドゴルフなどのスポーツ施設、特産品を販売する物産館もある。敷地内には風力発電所があって、三ツ矢の風車による風力発電が行なわれている。

実は二つある家族風呂を目当てに行ったのだが、結果的には入れずじまい。というのも家族風呂の源泉蛇口は湯量が少ないので、湯溜め完了まで一時間以上はかかるとの事。利用希望の場合は電話予約は必須だろう。見学のみさせて貰ったが、源泉そのままでなかなか良さそうな状態でした。

先述の状況だったので大浴場に入湯。土曜日の夜で浴室内は大盛況なり。横長の20サイズのタイル張り浴槽が内湯。薄黄色透明、弱揮発系の石油臭香るお湯で41.5℃。

大露天風呂は30人クラスの大きな造りの岩風呂だ。41.5℃の万人向けに調整された湯温、極太塩ビ管より循環湯?を大量投入している。湯は内湯同様の石油臭するもの。

他にも小さい4人サイズの露天風呂もあった。湯口まわりは赤茶色とクリーム色の析出物がコッテリと付着している。投入量は10L/minほどで浴槽温度で40℃とぬるい。ココの浴槽だけ源泉そのままなのかも知れない。但し、人気があるので利用客が多いときなどは湯の鮮度が心配だ。
(10年4月)

(三昧)


利根川の程近く、なにやら広々とした敷地に建つ大規模温泉施設です。建物の裏手にそびえる風力発電の風車が目印。これ程ご立派な施設なもんで、やはり大人気らしく、訪問時は多くの湯浴み客で賑わっていました。

脱衣所を抜けるとまずは内湯です。大きくとられた窓に沿って、軽く20人は入られそうな長方形浴槽がひとつ。鮮やかな黄緑色の湯が満たされています。続く露天風呂はこれまた巨大で数十人サイズ(かなり広いので、どう見積もっていいかわからない)の岩風呂がドーン。更に先には4〜5人サイズの小露天風呂も。臭素臭+塩気のあるスベスベ浴感で、このテの湯が好きな人にはたまりません。ただ、訪問時が悪かったのか、内湯も露天風呂も大人数の人体湯揉みで循環も追いつかない程の「なまり気味」。特に小さい露天風呂は常にギュウギュウの満員御礼、特別湯汚れが酷く、ちょっと入浴をためらってしまう程だった。

浴後、敷地内にある温泉スタンドを見学。ここにお湯を汲みに来ていた男性は、この湯の為だけに自宅に専用の浴槽を作ってしまった程の「よしおか温泉」ファンとの事。ただ、以前と比べると温泉スタンドへの給湯量がガクッと減ってしまったらしく、「たくさん汲むには時間がかかり過ぎて面倒くさい」と仰っていました。汲みたての湯を触らせてもらったところ、温泉施設内の湯とは別モノかと思える程の濃厚な臭素臭プンプン、そしてとても綺麗に澄んだ無色透明湯でありました。やっぱり浸かるならコッチがいいなぁー。

また、同敷地内の「まんじゅう屋さん」、地元のオバちゃんのご自慢の手作りで「あんこも全てココで作ってるのよ、食べたらホント美味しくてほっぺ落っこちるから」との強プッシュにより数種類購入。具沢山で確かに美味しかった。
(06年2月)

…………………

約4年ぶりのリバートピア吉岡です。久々に来て見るといつの間にやら道の駅になっていてビックリ。改装も行ったようで、ちょっと垢抜けた感じの清潔感ある館内となっていました。そしてナント料金が値下げされていました。記憶が正しければ以前は3時間500円、そして新料金が2時間300円。これだけの施設をたった300円で楽しめるんです。これは凄い。

更に改装にともない新しく家族湯も新設。飛び込み訪問では源泉の投入に時間がかかりすぎるため(事前予約がいいみたい)、今回は見学のみさせてもらいましたが、どうみても高温の源泉をそのまんまチョロチョロ投入しているっぽく、なかなかよさげでした。

さて、今回利用した大浴場ですが、こちらの造りは以前と変わらない気がします。湯も特に変わった印象はなく、比較的ハッキリとした黄色がかった透明湯で、石油のような臭いと強い塩分、そしてツルツルとした肌触りが楽しめます。相変わらずの大混雑ぶりで、特に人気の小露天風呂は入る隙間もないほど。次は朝一番の訪問を狙ってみるかな。
(10年4月)

(まぐぞー)



温泉スタンド


手作りまんじゅう


浴後にグビリと一本
御蔭牛乳


はしご湯のすすめ群馬県の温泉