はしご湯のすすめ青森県の温泉


やすらぎ温泉 やすらぎ温泉

弘前市大字石渡字大保55-1
TEL(0172)37-8888
5時〜22時/350円

石渡大保源泉
単純温泉(Na-HCO3・Cl)
32.1℃ pH=7.9 260L/min(動力) 溶存物質計=639mg


訪問:06年1月


地図にあった石渡温泉に寄ろうと思い行ってみたが既に廃業との近所の住民の話。「近くに温泉があるよ」というので行ってみることにした。石渡温泉から五分もかからない場所にその温泉はあった。最近になって出来たと思わせる外観は豪華系日帰り温泉センター、駐車場はかなりの車で埋まっている。期待せずに話しのタネに、偵察がてら突撃する。

入浴施設としては内湯&露天風呂を持つ基本的な構成の日帰り温泉センター。それと最近はやりの岩盤浴も別料金で用意されている。内湯は流水風呂・大浴場があるがカルキ臭強く興冷めしてしまう。源泉そのままと思われる浴槽は露天風呂にある。露天風呂は石板張り浴槽で一部が仕切りで区切られている。その一部分は加熱源泉が張られており3-4人が入れるものである。他は10人ほどは入れる露天浴槽で、ぬるめの源泉そのままが楽しめる。しかし冬期はちょっと32.1℃ほどの湯温ではキビシイ限りである。無色透明の弱薬臭の湯である、非加熱源泉利用の露天浴槽だけがいくらか良い程度。家族・グループなどのお客さんで賑わっていた。
(06年1月)

(三昧)



石渡温泉が廃業との事でガッカリな中、御近所さんのススメで近くに出来たという新しい温泉センターに向かってみました。関東界隈でよく見かけるタイプの綺麗な温泉センターは、05年11月28日にオープンしたばかりとの事。

さて浴場ですが、脱衣所を抜けるとまずは広々内湯ゾーンです。長方形普通浴槽、歩行湯、10人サイズの円形浴槽(一部ジャグジー)、サウナと内容盛り沢山。ここでは浴槽の種類もさることながら、物凄い人の数にビックリ!正月早々大人気の施設です。湯は歩行浴のみ未確認ですが、他は循環・加熱・塩素臭もプーンといった具合。続く露天風呂は10人サイズの非加熱(もしくは弱加熱?)浴槽と、2人サイズの小さな加熱浴槽とがあり、冬の寒さの所為か、皆、小浴槽にギュウギュウ。そんなもんで、小浴槽は気持ち悪い程に湯汚れしている。逆に大浴槽の方は誰も入らない為、ここが一番湯の状態が良かった。湯はおそらく無色透明?、ココでのみ若干の優しい温泉臭がした。

それにしても、あまりの混雑に「やすらぎ温泉」という名前でありながら、あまりやすらげなかったのが悲しいトコ。こういう人気のセンター系は平日訪問がいいかもしんない。館内にて配布されていたチラシから察すると、ココのウリは温泉よりも、むしろ岩盤浴(別料金)の様子。
(06年1月)

(まぐぞー)




男性露天風呂
女性側もほぼ同じ造り


お湯



はしご湯のすすめ青森県の温泉