はしご湯のすすめ栃木県の温泉


那須湯本温泉 雲海閣 那須湯本温泉 雲海閣

那須町湯本33
0287-76-2016
8時〜20時
400円(1H以内)・1500円(半日入浴休憩)
宿泊しました:02年10月素泊まり4500円を利用
※素泊り(自炊)のみ受付け

訪問:02年10月(泊)、02年〜数回、07年9月、13年2月



数年振りに立寄りしてみました。なにも変わっていない佇まいで安心しました。目指すは階下の鹿の湯源泉を利用したお風呂です。奥の沢噴気の浴槽は今日は湯が溜まっていなかったので見学のみ。帳場から浴室へ下っていく階段は、気のせいなのですが前にも増して傾斜がきつくなったような気がします。日曜日の午後、幸運にも先客がおらず終始にわたって浴槽を独占する事ができました。

窓も扉もすべて全開になっていて通気&換気は良好な状態。左右に横並びの二つの浴槽。左側浴槽は44℃と熱め。この日は利用者が少なかったのか、浴槽底までなんとか見通しの聞く透明度の具合。明礬臭・タマゴ臭にエグ味、弱甘味がします。肌が溶けてしまいそうなスベスベ浴感があります。鹿の湯源泉には何度となく浸かっていますが、このお湯やはりいいです。湯の香り・見た目・湯温・鮮度感、全てがコンディションよく素晴らしい状態でした。

宿泊・半日入浴休憩・一回立寄り、全て利用した事がありますが、ココは宿泊がいいと思います。以前は素泊まり4500円、と聞いて安いと思っていましたが、東北の湯治宿に慣れてしまった最近では決して安くはないという感覚になってしましましたが。。。お勧めでできるお宿です。
(07年9月)

(三昧)



立ち寄りに、宿泊にと、お世話になっている自炊専門の温泉宿。首都圏に近い温泉地の中で、お湯の質、雰囲気、観光拠点としての利便性で温泉ファンを魅了する御宿と思います。自炊旅館といっても、客室はごく普通の旅館部屋、眺めは良いし、茶器セットもある、浴衣もあるし、那須でこの料金は御得だと思う。炊事場も広々とし、食器や調理器具も全て揃っています。冷蔵庫、氷も有り。館内はやや古びた鄙び系ですが、そこがまたウケるのかもしれません。

受付は新館(??)とでもいうべき建物にあり、ここに一般客室、炊事場、水洗トイレ、「奥の沢噴気泉」を引いた浴室があります。その建物より長〜い階段を下りた先に、旧館的存在の古びた建物があり、こちらには「鹿の湯」を引いた風情ある浴室と少しばかりの客室、ポットントイレがあります。下の棟の客室は主に長い階段の上り下りが困難な湯治客の為でしょう。

まずは上の棟にある奥の沢噴気泉を引いた浴室ですが、こちらは男女別にこぢんまりとした浴槽があります。女性側は扇形の2人サイズ。ほんのり白みがかっても見える無色透明湯が満たされています。07年訪問時は丁度、湯張り途中だったので、見学のみさせていただきました。この浴室、少々ほったらかしの感があり、年々ボロさが増している。

お次は雲海閣の名物的存在、鹿の湯を引いた浴室へ。こちらは長〜い階段(夜は妖怪がでそうで怖い!)を下った先にあり男女別に風情ある木造浴槽があります。女性側は木造の洗い場に、2人サイズの四角い木造浴槽が二つ横並びとなり、真っ白の湯が溢れています。

湯口はそれぞれの浴槽にあり、投入量によって温度調整している様子。一方の浴槽が「熱い湯」で薄白濁の45℃、溢れ出し豊富で鮮度良好。もう一方が適温の42℃、まったりとした強い白濁をしています。どちらもスベスベ感があり、口に含むと酸っぱい。07年9月訪問時はしばらく湯浴み客もなかったのか、湯汚れもなく、終始貸切で楽しむ事ができました。

ところでこの雲海閣の鹿の湯、他所の旅館さんと比べ、なぜかタマゴ臭が薄く明礬臭が突出している事が多いんですよね。なんでだろ?
(07年9月)

(まぐぞー)




玄関


玄関


福助がお出迎え



廊下を進み・・


階段を下りると


浴室に到着



まずは男性側から
脱衣所から見た浴室


浴室


浸かった様子



湯口


浴槽から


壁に付着した温泉成分



女性浴室


湯口


溢れ出し

浴室その2(2007年)



男性


お湯


女性


■鹿の湯・行人の湯混合源泉 酸性-含硫黄-カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型) 68.4℃ pH=2.5 総計=1040mg H=3.2 Na=39.2 K=10.6 Ca=70.1 Mg=16.6 Al=7.6 Mn=1.2 Fe2=1.4 F=0.8 Cl=79.9 HSO4=42.4 SO4=398.2 H2SO4=0.3 AS=0.1 メタけい酸=338.3 メタほう酸=1.0 H2S=28.8 (H11.3.15)

■奥の沢噴気泉1〜5混合源泉 単純硫黄泉(硫化水素型) 65.4℃ pH=4.1 溶存物質計=319.0mg 成分総計=738mg H=0.1 Na=9.0 K=1.6 Ca=50.7 Mg=6.1 Al=3.2 Mn=0.3 Fe2=0.7 F=0.1 Cl=2.0 HSO4=0.5 SO4=179.2 メタけい酸=64.3 メタほう酸=1.1 CO2=392.4 H2S=26.2 (H8.12.6)


はしご湯のすすめ栃木県の温泉