はしご湯のすすめ青森県の温泉


田舎館村 老人憩の家 田舎館村 老人憩の家

南津軽郡田舎館村大字畑中字藤本169
TEL(0172)58-3555
月〜金:16時〜21時
土、日、祝:9時〜21時
150円

訪問:06年5月

畑中温泉
ナトリウム−塩化物泉
47.6℃ pH=? 成分総計=2216mg
Na=724.1mg(92.32mv%) K=30.1 NH4=0.2 Mg=0.3 Ca=36.5 Fe2=0.1 F=2.1
Cl=1084(91.25) Br=3.3 I=0.3 OH=0.1 SO4=8.3 HPO4=0.4 HCO3=84.2 CO3=36.3
(H16.5.25)


田舎館村郵便局の隣にあり、パッと見ただけではココが温泉施設だとは分かりずらい。心配だったので「温泉やってますかぁ?」と駐車場にいた方に聞いてみると「やってるよ」との事。

浴室は至って普通の造りで特別なものは無い。1.5×3mのシンプルなタイル浴槽があるのみです。浴室に入り、目に入ったのは浴槽から溢れ出している湯である。相当な量の湯が掛け流されている。湯は純食塩泉で無色透明、若干トロミ感にほんのり塩味があるもの。湯口の鉄管よりおよそ50L/minもの源泉がドンドコと投入されている。また、湯口周辺は大量のアワが影響していて湯面が白濁しているように見えるほどである。大量投入のため湯温は熱めの44-45℃であった。「老人憩の家」という名前なのだから、もう少し湯温に一工夫欲しいとこ。
(06年5月)

(三昧)



長閑な田畑広がる田舎館村の施設です。基本はあくまでも「御高齢の方の為の施設」ですが、時間帯により「その他湯浴み客」にも開放されています。建物は随分と古びた、どこか素朴な懐かしい雰囲気。男女別浴室にシンプルに長方形浴槽がひとつ。5〜6人は入られそうな大きさです。湯口より投入された湯は浴槽から小波のように溢れ出し、人が浸かろうものならザバーっと洪水状態。この大量溢れ出しを見るだけで大満足なのですが、お湯そのものも負けず劣らずのナカナカのものでした。

やや熱めの湯は細かな気泡が大量発生し、その為、湯は白濁して見える程。当然ながら泡は肌にビッシリと付着し、その為とてもスベスベする。湯面からは柔らかな温泉臭がたちのぼり、一口含むと仄かな塩味と温泉味、泡の為かトロミも感じます。湯は熱めながら自由加水可能。肌に染み入るような心地良さが気に入りました。
(06年5月)

(まぐぞー)




男性浴室
湯が小波のように溢れています


温泉印の丸い照明



はしご湯のすすめ青森県の温泉