はしご湯のすすめ青森県の温泉


下風呂温泉 つぼた旅館 下風呂温泉 つぼた旅館

下北郡風間浦村大字下風呂字家ノ尻11
TEL(0175)36-2456
10時〜13時/500円
温泉手形利用は清掃時を除く7時〜21時

訪問:05年12月

新湯
含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(硫化水素型)
74.5℃ pH=7.2 24.3L/min 溶存物質計=3631.8mg
Na=882.0mg(69.88mv%) K=102.2 NH4=1.5 Mg=45.4 Ca=194.0(17.63) Mn=6.6
Li=1.3 F=2.0 Cl=1655(85.12) Br=2.8 I=0.9 SO4=255.0 HCO3=164.7 H2SiO3=87.1
HBO2=231.0 CO2=51.3 H2S=13.1
(H14.2.13)


夕食の支度で忙しい時間に立寄りを受け入れて頂き感謝感謝の「つぼた旅館」。ご丁寧に浴室までご案内いただく。浴室内は湯気でムンムンで真っ白です。なんといってもヒバ造りの浴槽が素敵です。1.3×2.5mの長方形内湯はだれもおらず独り独占です。湯口にはストッキングが被せてあり、浴槽へ湯華が入るのを防ぐためのようです。見てみるとかなりの湯華が捕獲されていて、ストッキングが垂れ下がるほどです。お湯は43-44℃と熱めで身が引き締まります。薄白濁り、ダシ塩味に弱甘味、弱すべ浴感あり。タマゴ臭はさほど強くなく、浴室内にほのかに香る程度です。源泉は熱いのでドンドコ投入の大量掛け流しとはいきませんが、少量投入ながら新鮮湯が楽しめ満足の一湯です。
(05年12月)

(三昧)



「かどや」に宿泊の際、御近所の「つぼた旅館」へ立寄り入浴してみました。こちらのお宿も「かどや」同様、新湯源泉を利用しています。浴室は男女別にあり、各々桧造りの内湯浴槽がひとつあります。女性用は3〜4人サイズで、湯口には妙に生々しい黒のパンストが湯花キャッチャーとして取り付けられていました。

湯口より熱い無色透明湯が流し込まれ、浴槽内で白濁。浴槽の色の為か、仄かにグレーがかっても見えます。やや熱めの湯は弱スベ感があり、ごくわずかに焦げ硫黄臭も。一口含むと薄ダシ塩タマゴ味。なかなかのお味です。新湯源泉を利用しているお宿の中では溢れ出しもまずまずあり、満足の行く湯浴みとなりました。・・湯花キャッチャーを付けないと、どんなお湯になるかな?と興味津々。
(05年12月)

(まぐぞー)




男性浴室
女性側もほぼ同じ


男性側湯口



女性側湯口



はしご湯のすすめ青森県の温泉