はしご湯のすすめ青森県の温泉


水明温泉 水明温泉

上北郡東北町大字上野字山添56-4
TEL(0176)56-5083
6時〜22時/220円

訪問:06年1月

山添泉
アルカリ性単純温泉(Na-Cl・HCO3(CO3))
45.5℃ pH=8.6 溶存物質計=494.8mg
Na=121.5mg(95.96mv%) K=6.1 NH4=0.1 Ca=0.1 Mn=0.1
Fe2=1.1 F=0.9 Cl=128.6(65.49) Br=0.1 I=0.1 SO4=18.6 HPO4=1.0 HCO3=27.4
CO3=30.0(18.06) H2SiO3=156.1 HBO2=1.8
(H15.2.17)


東北町の水明温泉です。暗くなった夕方に立ち寄った温泉宿で、立ち寄りにも積極的なようです。廊下を進んだ先に浴室はありました。

湯気が充満気味の内湯には1.8×2.1mのタイル浴槽が二つあります。夜間だったのと照明の影響で、色は不明のすべすべ浴感がある湯。内湯続きの露天風呂がありますが、内湯がそのまま屋外へ移動したようなタイル浴槽で、特別どうこうってなものは無いです。しかし、湯は断然に露天の方が上です。水道蛇口を利用して湯口より、源泉が浴槽へ投入されています。その近辺は細かいアワが大量に浮遊していて、その影響で湯が白っぽく見えます。露天風呂より内湯がいい、というのはよくありますが、ココは露天風呂が良いです。ただ単に冬場で寒かったせいで、露天へ浸かるお客さんが少なかったせいかも知れませんが。因みに露天は屋根掛けありの半露天といった感じでした。
(06年1月)

(三昧)



いまやすっかり御馴染みとなったクーポン本「北東北日帰り温泉」で無料利用しました。ここへ来る前に立寄った「杉の子温泉」がとんでもなく混雑していたので「さぞや水明温泉も混んでいるだろう」と思ったらば何故かガラガラ。外観を照らす照明も薄暗く、どこか寂しげです。

受付を済ませ早速浴室へ。男女別の浴室には、それぞれ内湯と露天風呂とがあります。脱衣所を抜けるとまずは内湯ですが、比較的広めの洗い場スペース一番奥に二つの浴槽が並んでいます。それぞれ4人程入られるサイズで、向かって右側が適温〜ぬるめ、左側がやや熱めとなっていました。浴室内の照明が薄暗く、いまいち湯の色が確認できなかったのですが、多分ウーロン茶を薄ーくした感じでしょうか??溢れ出しもそれなりにあるツルスベ湯でしたが、適温湯の方は人が多く浸かったのか鮮度が悪い印象。やや熱め浴槽の方が湯の状態が良かった。

また、内湯続きで4人サイズの露天風呂もあったのですが、屋外が寒い所為か、こちらには誰も浸かっていません。そのおかげというか、やや熱めの湯は溢れ出しも多く鮮度良好。肌への泡付きもまずまずです。この露天風呂が一番良い湯を楽しめました。次は明るい時間帯(昼間)に訪問してみたいです。
(06年1月)

(まぐぞー)




男性内湯


男性露天風呂

※女性側もほぼ同じ造りです。


はしご湯のすすめ青森県の温泉