はしご湯のすすめ青森県の温泉


平川温泉
平川温泉

南津軽郡田舎館村大字大袋字樋田3
TEL(0172)58-2160
6時30分〜22時/300円

訪問:06年1月

大袋2号泉
アルカリ性単純温泉(Na-Cl・HCO3)
49.5℃ pH=8.7 393L/min(動力) 溶存物質計=499mg
Na=101.1mg(94.22mv%) K=5.2 NH4=0.4 Ca=2.4 F=1.4 Cl=70.1(42.86) Br=0.2
SO4=1.9 HPO4=0.1 HCO3=106.6(37.88) CO3=23.4(16.88) H2SiO3=185.3 HBO2=0.7
(H16.10.1)


田舎館村の温泉公衆浴場です。独立した建物の浴場横にはお宿があり、宿泊も出来るようです。 お宿の方には浴室があるかは未確認。受付後、脱衣所へ。4×2.8mの広さのごく普通のタイル浴槽には、薄く緑がかった湯が並々と満たされています。浴槽は二つに仕切られていて、それぞれに異なる湯温となっています。45℃&43℃ほどの熱め。充分な掛け湯後、静かに湯浴み。キリッと身が引き締まる湯。カランも温泉利用、湯桶に汲んでみるとプ〜ンとタマゴ臭が鼻をくすぐってくる。余計な小細工は全くない良質湯で全て浴槽面からの掛け流しです。溢れる湯を眺めながらの静かな湯浴みがたまりません。ただし、浴室の換気が不良で熱気でムンムン状態。浴室内は軽い低温サウナ状態なのがよろしくない。
(06年1月)

(三昧)



雪がしんしんと降り積もる中、訪問しました。平川温泉は浴室の真ん中に二つに仕切られた長方形浴槽がドーンと鎮座する、青森県内でよく見かけるタイプの温泉銭湯です。浴槽の一方は7〜8人サイズ、源泉と水(?)が投入され適温、もう片方は4人サイズ、底から源泉が流し込まれ熱湯となっています。両方の浴槽は中で繋がり、湯が行き来していました。

この平川温泉、湯がなかなか良く、仄かに緑味を帯びた熱めに加え、気持ちの良いヌルスベ感。その為か浴槽の中で足元がツルツルと滑る程。また、カラン(温泉利用)や湯口からはツンとした臭いが漂い、これもなかなかです。溢れ出しも多く満足度が高いです。難点は冬期だった為か?、浴場内は湿度ムンムン蒸し風呂状態だった事。浴室にいるだけで汗がダラダラです。サウナも設置されていましたが、入る必要がない程の発汗でした。
(06年1月)

(まぐぞー)




男性浴槽



はしご湯のすすめ青森県の温泉